島根県

石見・福光城 (物不言城)  吉川経安の本拠地

石見・福光城 (物不言城)




石見・福光城 (ふくみつ-じょう) は、島根県大田市温泉津町福波字福光にある山城で、標高は100m、比高は90mほどです。
別名は、不言城(ふげん)、物不言城(ものいわず)とも言います。
もともとは、福屋氏の城で、南北朝時代には本家筋の益田氏が北朝方となったのに対し、同じ益田氏の庶流でも、福屋氏・周布氏・三隅氏などは南朝方として活躍しました。
戦国時代には、本明城の福屋隆兼の一族が、石見・福光城を任されています。
福光は主要街道が交わり、港(津)もある、交通の要所です。





1559年、毛利元就は、石見に侵攻すると、吉川元春は本明城の福屋隆兼を従えています。
福屋隆兼の正室は、吉川国経の娘です。
こうして、毛利勢の吉川元春をはじめ、福屋隆兼、出羽元実、佐波秀連、益田藤兼らは、尼子晴久に従っていた温湯城の小笠原長雄(おがさわら-ながかつ)を攻撃して降伏させました。
そして、毛利元就は、温湯城など石見・小笠原氏の本領の半分を吉川経安に与えて、石見銀山の管理も任せています。

この吉川経安 (きっかわ-つねやす) は、石見の国人・久利淡路守の子でしたが、母は吉川経佑の娘です。
石見・吉川氏9代である吉川経佑 (きっかわ-つねのり) の嫡子が早世していたため、1541年に、久利淡路守の子で、吉川経典の甥にあたる久利与七郎(吉川経安)を、3娘の婿養子に迎えて、家督を譲っていました。
そして、毛利元就が吉川氏の本家へ、次男・吉川元春を送ると、分家の吉川経安も、毛利家に臣従していたと言う事になります。

物不言城

川本の温湯城の戦いにて、戦功があった吉川経安は、福光湊に所領を与えられたと言う事で、石見・福光城の城館も改修し、殿村城から本拠を移しました。
この時、温湯城の戦いで、毛利勢として従っていた、福屋隆兼は、領地替えとなった訳ですが、旧領の一部が、敵対関係にあった小笠原長雄に与えられたことで、理不尽だと不満を抱くようになります。

1561年7月、毛利氏が大友氏との戦いで九州に遠征している間に、福屋隆兼は、月山富田城尼子義久に寝返ります。
そして、11月に、福屋隆兼2000と、尼子勢の援軍・湯惟宗の3000にて、失っていた、石見・福光城(物不言城)を攻撃しました。
このとき、吉川経安は、まだ珍しかった鉄砲を駆使して、撃退しています。
この、石見・福光城の戦いでは、子の吉川経家も、鉄砲にて活躍したと伝わります。
翌年の1562年、毛利勢は、石見・松山城、そして、福屋氏主力の本明城を攻撃したため、福屋隆兼は、尼子氏を頼って逃亡しました。
また、尼子義久に従い、福屋氏を支援していた本城常光に対して、吉川経安は、上山元忠らと石見・山吹城を攻撃して、接収しています。





1574年、吉川経安は家督を嫡男・吉川経家に譲って隠居しました。
その後、1581年、子の吉川経家は、2万の羽柴秀吉に対抗するため、鳥取城にて7ヶ月の籠城の末、自刃して果てたのは有名です。
降伏して自害した、吉川経家の遺言状を受け取っており、遺児・吉川経実を養育しています。

石見・福光城

正室(妻)である吉川経典の3女が、1599年7月10日に死去すると、近くの浄光寺に埋葬しました。
1600年、関ヶ原の戦いにて、毛利家は防長減封となり、嫡孫の吉川経実は、岩国城に移住した吉川広家に仕えて家老となっています。
吉川経安は、高齢を理由に福光に残り、1600年10月21日に死去しました。
浄光寺に、吉川経安の墓もあります。

また、吉川経安は、京の石工・坪内弥惣兵衛を招いて、福光石の採掘・加工を奨励し、五百羅漢などに用いられるなど、石見の文化・景観にも大きな影響を与えました。
ご子孫にあたる、有限会社坪内石材店が、今もその技術を継承しており、福光石「石切り場」の見学が事前予約・有料で可能になっています。





山陰本線の石見福光駅から徒歩30分で、麓の古市橋の付近にある登城口に到着し、駐車スペースもあるようです。
石見・福光城跡は、地元の不言城会さんによって、案内板や登山道が整備されています。
本丸までは、約20分ほどのようです。

周布城の解説  周布元兼・周布元盛
石見・山吹城 本城常光が毛利勢から石見銀山を守る
月山富田城の解説【日本100名城】尼子経久・尼子晴久・尼子義久
吉川元春~毛利家の中国制覇に大きく貢献した名将
石見・温泉城の解説 湯氏の居城
鵜丸城 温泉氏(ゆのし)と毛利水軍の石見拠点
鳥取城と宮部長房とは~関ケ原合戦時の鳥取城の戦い
山陰地方の史跡・城跡へのカーナビにも便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 盛岡城
  2. 仙台城
  3. 唐沢山城
  4. 坂本城
  5. 栃木城
  6. 一乗谷
  7. 宇陀松山城
  8. 遠江・小山城
  9. 備中・高松城
  10. 杵築城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP