島根県

周布城の解説  周布元兼・周布元盛

周布城




周布城 (すふ-じょう) は、島根県浜田市周布要害にある山城で、標高は82m、比高70mほどになります。
周布川北岸、聖徳寺の裏手にあたりますが、丘陵の先端にある鳶巣山に築かれていることから、別名は鳶巣城(とびのす-じょう)とも言います。
その聖徳寺の場所が、周布氏館跡と考えられ、山のうえは、詰の城と言えるでしょう。





最初の築城としては、鎌倉時代の安貞2年(1228年)に、益田兼季の子・益田兼定が地頭職を譲られて、周布兼定と称したようです。
益田氏は、平安時代に石見守となった藤原国兼が初代とされ、1114年に赴任する、4年の任期が切れたあとも、石見に残りました。
そして、浜田の御神本に居館を構えたことから、御神本氏(みかもとし)と称しています。
4代・益田兼高のときの1192年から、本拠を益田に移しており、周布氏・末元氏・丸茂氏・多根氏・三隅氏・福屋氏などは一族です。
しかし、周布氏などの、益田一族の独立性は高かったようです。

1337年、周布兼宗は南朝に味方しており、三隅兼連とともに長門・賀年城を攻撃しています。
1339年、石見・豊田城の内田致景のところに、日野邦光・新田義氏・三隅兼連・高津長幸らが集結すると、北朝の石見国守護である上野頼兼に益田兼見や吉川経明らが駆け付け、約2ヶ月に合戦となりました。
このとき、周布兼宗が内田氏の救援していますが、北朝勢が石見・豊田城を落としています。
その結果、1342年2月に、周布城も攻撃を受けて、小石見城とともに落城したようです。

1425年には、漂着した朝鮮官船を保護した縁で、朝鮮との交易を開始しています。





室町時代に、周布氏は大内義隆大内義長に従っていましたが、毛利元就に攻められます。
1555年、まだ、10歳くらいだった、周布元兼(すふ-もとかね)は毛利家に臣従し、1557年に、吉地右衛門尉の仲介にて、毛利隆元を烏帽子親として元服しました。
合計で300貫であり、正室は冷泉隆豊の娘です。

1569年、従兄の周布晴氏が、三隅隆繁の誘いを受けると、周布元兼が不在中に、毛利氏に反旗を翻しました。
そのため、吉川元春の2男・吉川元氏の軍勢が周布城に押し寄せ、周布晴氏は討死しています。

周布城

1576年、織田信長に追放された足利義昭が備後・鞆の浦に入ると、一族の周布弾正忠が名代として参上しています。
1578年、周布元兼は、吉川元春に従って、尼子再興軍の上月城を攻めましたが、討死しました。享年33。
家督は、11歳くらいの嫡男・周布元盛 (すふ-もともり) が継ぎ、毛利輝元に忠誠を誓い、元服しました。
1591年頃には、合計1000石であり、正室は、石見・七尾城主である益田藤兼の娘です。
斜面を畝状竪堀で固めた遺構もあるようですが、この頃の改造でしょうか?

1592年、豊臣秀吉の朝鮮攻めでは、吉川広家の軍勢に加わっており、武功を挙げますが、晋州城を陥落させた際に、周布元盛は討死しました。享年26。
嫡子がいなかったため、弟・周布長次が、家督を継いでいます。
1600年、関ヶ原の戦いにて、毛利家は減封となり、周布氏も石見・鳶巣城を去って、萩城の城下に移りました。
その後、周布氏は長州藩では大組1500石の重臣となっており、幕末には、高杉晋作と共に攘夷を唱えた、周布政之助(すふ-まさのすけ)を輩出しています。
萩には周布家の長屋門も、残っています。





周布城への交通アクセス・行き方ですが、周布駅から歩くと、距離で1200m、徒歩15分くらいです。
川沿いにある、聖徳寺墓地付近の道路(路肩)が、駐車禁止ではないので、駐車スペースとして利用できますが、道も広くはないので、スペースは限られます。
聖徳寺の境内にも駐車場がありますが、無断駐車禁止となっています。
登城する場合には、川沿いの墓地の高所から、登れるようで、尾根沿いを進みます。

周布政之助 長州藩の財政改革を進めた政務役筆頭
出雲・鳶ヶ巣城 (出雲・鳶巣城)  宍道隆慶・宍道政慶
浜田城の解説【続日本100名城】古田重治が築城
山陰地方の史跡・城跡へのカーナビにも便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 相模・沼田城
  2. 田辺城
  3. 不摩城(下野・秋葉城)
  4. 上野・磯部城
  5. 師戸城
  6. 常陸・関城
  7. 越中・福光城
  8. 杵築城
  9. 加久見城
  10. 永井直勝誕生の碑

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP