茨城県

手葉井山城 (長峰砦)

手葉井山城




手葉井山城(てばいやま-じょう)は、茨城県石岡市小幡にある平山城で、筑波山から延びた尾根(標高232m)の中腹に築かれています。
八郷から常陸・小田城に繋がる街道(山道)の抑えとする機能があったようで、別名は、長峰砦とも、膳棚城(ぜんだな-じょう)とも言います。
恐らくは、小田氏が手葉井山城を整備したものと推測されます。
予定外の訪問であったのと、熱中症警戒情報が出ていたため、登城までは致しませんでしたが、城址は、土橋や曲輪群など、遺構もよく残されている模様です。





諸説ありますが、1569年に、手這坂の戦いの合戦がありました。
常陸・小田城の小田氏治と、真壁城主・真壁道夢、柿岡城梶原政景ら佐竹勢との戦いです。
この手這坂合戦の場所は、推定地としてはわかっていますが、明確な場所は不明です。

手葉井山城

立地からみて、手葉井山城じたいが、合戦の場所であった可能性もあるでしょう。

もし、登城されるのであれば、冬が良さそうです。

手這坂の戦い (てばいざかのたたかい)の解説
小田氏治 弱小?異色?負けても何度も復活した戦国大名
柿岡城 なかなか有名な武将が歴任した裏筑波の城
筑波・小田城と小田氏治の頑張り~8回も奪還を試みた小田城の防御は弱かった?
佐竹義重 毛虫の兜をかぶった常陸の猛将
常陸・宍戸城 宍戸義綱 宍戸錠さん?にも関連する宍戸氏
常陸・北条城(北条館)と北条出雲守治高





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP