北海道

洲崎館(上之国館) 上ノ国の新拠点

洲崎館(上之国館)




洲崎館(すざきだて)は、北海道檜山郡上ノ国町字北村にある平城(館跡)で、上ノ国洲崎館、上之国館とも書きます。
最初の築城としては、蝦夷三守護のひとりで、上ノ国守護の蠣崎季繁に世話を受けて客将になっていた武田信広(蠣崎信広)が1458年に建てました。
コシャマインの戦いなどで武功を挙げ、武名を轟かせています。
洲崎館(上之国館)の付近にはアイヌの村があり、その支配も行う拠点となり、妻に迎えた安東政季の娘と新婚生活も送ったようです。
そして、嫡子がいなかった花沢館の蠣崎季繁は、武田信広の妻(安東政季の娘)を自分の養女とする形で、武田信広(蠣崎信広)を婿養子とし、家督をゆずりました。





武田信広(蠣崎信広)は、遠慮して花沢館には入らなかったようで、完成した洲崎館にいたようで、一族・親族を洲崎館(上之国館)に集めると「建国之大礼」(国主になったと言う儀式)を執り行ったと伝わります。
すなわち、各領主の合意を得て、平穏無事に蠣崎家の家督を継いだと言う事になります。

養父・蠣崎季繁が1462年に亡くなると、花沢館を廃城として新たに勝山館を築城開始しました。

洲崎館(上之国館)は現在、砂館神社の境内になっています。

砂館神社

下記写真は、勝山城から見た上之国で、写真の左半分のほぼ中央が、洲崎館がある場所となります。

勝山城からの眺め

洲崎館跡には土塁と堀跡も残っているとされます。

洲崎館

1494年5月20日に武田信広(蠣崎信広)は死去。享年64。
家督は子の武田光広が継ぎました。





洲崎館(上之国館)への交通アクセス・行き方ですが、砂館神社の境内が城跡言う事になります。
駐車場はありませんが、砂館神社の入口付近に路上駐車可能でした。
訪問時は、駐車禁止の道路ではありませんでしたので、数分間だけ止めさせて頂きました。

蝦夷・勝山城(勝山館) 蠣崎光広 交通アクセスと歴史
洲崎館(上之国館) 上ノ国の新拠点
徳山館・大舘 みどころ 【蝦夷・北海道】
武田信広 優れた知略にて蝦夷を支配する
安東政季までの安東氏盛隆~安藤康季と安藤義季
花沢館と蝦夷を統治した蠣崎季繁とは
茂別館と安東家政とは 道南十二館のひとつ
蝦夷の志苔館と小林良景 コシャマインの戦い
蠣崎光広(蠣崎光廣) 蠣崎氏拡大の策士
松前城の景観と松前慶広とは~福山館の戦国期と幕末期
蝦夷地の史跡巡り用「北海道観光オリジナルGoogleマップ」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. オロンコ岩チャシ オロンコ岩チャシとウトロチャシ 世界自然遺産の知床半島にある砦跡…
  2. 桂ヶ岡砦跡 チャランケチャシ~北海道オホーツク海に面した網走の桂ヶ岡砦跡
  3. 花沢館 花沢館 蝦夷を統治した蠣崎季繁とは【蝦夷・北海道】
  4. 落合岬 アフラモイチャシとニノウシチャシ~そもそも「チャシ」とは?
  5. 茂別館 茂別館 安東家政とは 道南十二館のひとつ【蝦夷・北海道】
  6. 鶴ケ岱チャランケ砦跡 モシリヤ砦跡と鶴ケ岱チャランケ砦跡~釧路のチャシ(砦跡)
  7. 津軽藩士シャリ陣屋 津軽藩士シャリ陣屋と津軽藩士殉難事件
  8. アオシマナイチャシ アオシマナイチャシ(アオシマナイ遺跡) オホーツク文化を物語る貴…

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 津軽藩士シャリ陣屋
  2. 能登・菅原城
  3. 加賀・森城
  4. 伊予・鹿島城
  5. 尾張・守山城
  6. 扇谷上杉家糟屋館
  7. 丹後・下岡城
  8. 淀城
  9. 武節城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP