東京都

川口兵庫介館跡(川口氏館跡) 川口兵庫介幸季の館

川口兵庫介館跡(川口氏館跡)




川口兵庫介館跡(川口氏館跡)は東京都八王子市川口町にある館跡になります。
観音堂(由井氏館跡)から、西寺方を通って、川口氏館跡がある川口町に向かいましたが、これがまた道が狭かったです。(^_^;)
秋川街道沿いの道路入口にトップ写真のような石碑が建っています。
ここから細い道を入って川口丘陵の先端部へと行くのですが、結構、急坂です。
でも、30mほどで史跡に到着します。

川口兵庫介館跡(川口氏館跡)

川口兵庫介館跡の石碑が道路に整備されていましたが、これは地元の方が投資なさったそうです。
標高は170m、下の秋川街道からで比高5mです。

武蔵七党の西党系が川口氏です。
川口氏は、武蔵名勝図絵によると、西宗貞の孫・川口次郎大夫から始まったとされ、川口八郎太郎景綱、川口太郎長季、川口兵庫介幸季と続いています。
この川口兵庫介幸季は応永年間(1394年~1427年)に長楽寺の薬師如来像を寄進したとの伝承があります。

子孫は代々、この川口に住んだようで、12代・川口宗幸(かわぐち-むねゆき)は扇谷上杉定正の家臣として、川口一族を率い、1494年の関戸の戦いなどに参戦しましたが、1505年の立河原の戦いでは落馬して死去しました。

天文年間(1532年~1555年)に、小田原城主・北条家のため食禄を失ったようで、13代・川口信季(のぶすえ)は、一族で伊豆の縁故を頼ったと言います。





まず、秋川街道が左折で細い道に入るのは、曲がり切れないので困難であり、追突事故のもとなりますので、どうしても入る場合には北西側から八王子方面に進んで「右折」で入ってください。
小生の場合、車は、川口中学校の方へと川口川を渡ってすぐ右側の路肩(川沿い)に止めさせて頂き、徒歩で向かいました。
下記の地図ポイント地点が川口氏館跡石碑の場所です。
地図は縮尺を変えてご覧下さい。

滝山城とセットでどうぞ。

梶原城(梶原館跡) 鎌倉御家人・梶原氏 八王子の館
梶原景時の生涯と最後の住まいであった梶原景時館跡
由井氏館とは 八王子にある由井氏の館跡
大久保長安と八王子の大久保石見守長安陣屋跡
宗格院の石見土手と日吉八王子神社【東京都八王子市】
高月城 圓通寺 大石家の本拠地 二宮城も
武蔵・小田野城跡(八王子城の支城)小田野館跡
八王子の史跡・史蹟一覧~八王子城・滝山城からマイナー館跡まで
城めぐりにも便利なオリジナル関東地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 武蔵・愛宕山城 武蔵・愛宕山城(愛宕山砦)とは
  2. 平山氏館跡 平山季重と平山城(日野市平山城址公園)・平山氏館跡・八幡神社
  3. 馬込城 馬込城 梶原景時の所領だった東京の城跡
  4. 品川台場 品川台場 続日本100名城にもなった砲台跡
  5. 成瀬城 成瀬城 小山田弥三郎の関係【戦国時代の小山田氏考察】
  6. 赤塚城 赤塚城 千葉胤賢など千葉一族の城跡
  7. 滝山城 武蔵・滝山城 続日本100名城に選ばれた遺構は見応えある東京の城…
  8. 練馬城 練馬城とは 遊園地「としまえん」になっているかつての東京の古城

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 岡山城
  2. 本渡城
  3. 種垂城
  4. 倉賀野城
  5. 蜷川館
  6. 尾張・守山城
  7. 下総・小金城
  8. 土浦城
  9. 出羽・紫島城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP