高知県

宿毛城とは

宿毛城

スポンサーリンク

宿毛城(すくも-じょう)は、高知県宿毛市中央2丁目にある標高20mの平山城で、比高は約20mになります。
別名は、土佐・松田城とも言い、

最初の築城は不明ですが、戦国時代には、土佐・一条氏に従っていた松田兵庫の居城で松田城と呼ばれました。
のち宿毛は、依岡伯耆守の領地となっていた際の1575年に、長宗我部氏が攻略し、宿毛右衛門太夫(戸波親清)が入ったようです。
この長宗我部右衛門太夫(戸波親清)は、長宗我部国康の長男で、戸波城主・戸波親武の子となります。


スポンサーリンク

戸波親清(へわ-ちかきよ)は、新陰流を学び、戸波流を興した剣術の達人でもあります。

1600年、関ヶ原の戦いを経て、高知城山内一豊が入ると、山内一豊の甥・山内可氏(やまうち-しようじ)が6800石を与えられて、宿毛城は石垣など設けられて改修されたようです。
その後、一国一城令のときに廃城になり、以後は、土居屋敷を改築して、宿毛の統治を続けました。
土居は現在、宿毛保育園になっており、遺構はありません。

現在、宿毛城の本丸跡には石鎚神社があり、松田川側から登城路があるようです。

宿毛城跡への行き方・交通アクセスですが、土佐くろしお鉄道・東宿毛駅から徒歩15分となります。
クルマの場合には、松田川の河川敷を駐車場として利用できますので、当方のオリジナル四国地図にてポイントしておきます。
また、北側の麓には、旅館・宿毛城(民宿)があります。

このあとは、お雪供養塔へ向かいました。

土佐・戸波城  戸波親武 戸波親清
中村御所 (土佐・中村館) 一条教房
一条兼定 お雪供養塔
土佐・中村城 四万十川の戦い
田ノ浦城 増田丹後
四国の史跡や観光地巡り用オリジナル地図


スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP