群馬県

木部北城 木部範虎と木部貞朝

木部北城




木部北城は群馬県高崎市阿久津町にある平城です。
現在ある玄頂寺の境内が木部北城跡と言う事になります。
城主は木部氏(きべし)だったようです。
木部氏についてはよくわかっていませんが、古河公方足利成氏に臣従していました。
本拠となる木部館(木部城)を一時失いましたが、木部範次の時に木部城を回復すると、その子である木部範虎(木部駿河守範虎)は、箕輪城長野業正に従いました。





また、箕輪城主・長野業政の4娘が、山名城の木部貞朝(きべ-さだとも)に嫁いでいまが、木部貞朝は木部範虎の嫡男となります。
長野業盛が滅ぼされたあと、木部氏は武田信玄に降伏したようです。
1582年、武田勝頼天目山の戦いに敗れて自害すると、木部範虎は殉死したとあります。
その後、滝川一益が上野に入ると、木部貞朝(木部宮内小輔貞朝)は、神流川の戦いで討死にした模様です。

木部北城

なお、戦火を逃れるため、榛名湖に避難していたと考えられる、長野業政の4娘「木部姫」は、夫が討死したとの知らせを聞いて、侍女らと榛名湖に入水したという伝承があります。

と言う事で、木部北城は、木部城(木部館)の北側にある支城と言うことになるでしょう。

木部北城

上野・木部北城への交通アクセス・行き方ですが、玄頂寺を目指す形となります。
ただし、道路が狭めですので、走行には充分ご注意願います。
今回は、玄頂寺の駐車場を拝借致しました。
駐車場の場所は、当方のオリジナル地図にてポイントしてあります。

このあとは倉賀野城に向かいました。

倉賀野城とは 倉賀野尚行 金井秀景
武蔵・本庄城 本庄実忠が築いた中山道の抑え
長野業正とは 猛将・長野業政に手こずった武田信玄
滝川一益~織田四天王の名将も本能寺の変で・・
天正壬午の乱の全容~神流川の戦いから北条・徳川の勢力争い
関東の城跡訪問にも便利なオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP