兵庫県

丹波・朝日城 荻野直正 活躍の原点

丹波・朝日城




丹波・朝日城は兵庫県丹波市春日町朝日にある丘城です。
向山の北麓にて、舌状に突き出したピークを使った城跡で、標高は140m、比高40mほどになります。
最初の築城は不明ですが、荻野氏が築いたと伝わります。

荻野氏は、丹波・後屋城の赤井氏一族で、鎌倉時代に赤井為家の次男・赤井重家が、朝日村に知行を得て、荻野氏を称しました。





戦国時代になり、天文年間(1532年~1555年)に朝日村の荻野十八衆と呼ばれた土豪は、対馬・後屋城主である赤井時家の次男・赤井才丸を萩野家の養子として当主に迎え入れました。
荻野正元に対して、人質として、赤井才丸が送られたともあり、逆に荻野正元の子が黒井城主の荻野秋清と言う事になります。

元服して荻野直正と称すると、1554年に、荻野直正は荻野秋清への年初の挨拶として、丹波・黒井城に出向きました。
そのとき、叔父の荻野秋清を暗殺し、黒井城を奪っています。
その勇猛さなどから、荻野直正は、のち「丹波の赤鬼」と恐れられる赤井直正と、赤井姓に戻ります。
ただ、この叔父殺しにより、通称として「赤井悪右衛門」とも呼ばれるようになりましたが、自らそのように称したともあります。
そして、赤井直正は、12万石ともされる戦国大名となり、明智光秀など織田勢と対するのでした。

丹波・朝日城は、その後も萩野一族が治めていたようで、黒井城が落城した際には、荻野豊後守・萩野悪七郎などの名が見受けられます。
1575年からの明智光秀による黒井城の戦いでは、明智勢が占拠として付城として改修して使用した模様です。





城跡の北半分には、土塁囲みの方形居館跡などが3つくらいあったそうですが、宅地開発で削られています。
ところが、その造成された地区には、住宅がまばらで、宅地開発に失敗しているような恰好です。
無駄に遺構の多くが失われずに済む方法は、無かったものかと、むなしさを感じてしまいます。

黒井城 赤井直正(萩野直正)の戦国と春日局の誕生地
春日局(齋藤福)~江戸城大奥での栄華を極める
柏原藩陣屋 修復された巨大な長屋門と田ステ女?
丹波・山垣城 武蔵国の足立から移り住んだ名門の本拠地
此隅山城 山名氏が最盛期を迎えた本拠地
竹田城 日本100名城で日本屈指の山城





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 怪島城
  2. 旧鳳来寺街道
  3. 関宿城
  4. 窪川城
  5. 久下田城
  6. 若狭・小浜城
  7. 御嵩城
  8. 上の山城
  9. 野々美谷城
  10. 月山日和城(三俣院高城)

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP