兵庫県

丹波・山垣城 武蔵国の足立から移り住んだ名門の本拠地

丹波・山垣城

丹波・山垣城(やまがい-じょう)は、兵庫県丹波市青垣町山垣にある山城で、別名は万歳城、万歳山城で、標高は235m、比高80mです。
鎌倉時代の1209年に、源頼朝に仕えていた足立遠元の孫・足立遠政が佐治荘を拝領し、武蔵国足立郡から移り住みました。
約70名の家来を連れて佐治庄小倉の太夫殿屋敷へ移住したあと、万歳山に山垣城を築いて本拠にしたと言う事です。

本丸、二の丸と曲輪跡が連なるほか、馬場、堀切、土塁の跡もみられ、山麓には堀の内、垣の内の地名があります。
その堀之内あたりが、平時の館跡であったと推測できます。





この足立氏は、名門・藤原北家の庶流である藤原遠兼が武蔵国足立郡に土着し、その子である足立遠元が足立氏を名乗ったのが始まりです。
埼玉県桶川市には遠元公館跡がありますが、東京都の足立区も、武蔵・足立郡の名残です。

なお、山垣城の登城路から本丸に出る中腹には、丹波足立氏初代となる足立遠政の墓(五輪塔)もあるそうです。

その後、小和田城を築くと、2男の足立遠信が入り、遠阪城には足立光家、岩本城には足立忠基、稲土城には足立政家、塩久には足立基家が赴任するなど支城を築きました。
最盛期には5000石も領したとあります。

丹波山垣城

足立氏の直系は、1285年から没落しましたが、佐治郷の丹波・足立氏は、戦国時代まで繋がります。

足立遠政の孫・足立光基の3男である遠谿禅師(えんけい)は幼少の頃より出家し、徳治元年(1306年)に21歳で中国(元)に渡り、中峰普応国師に師事したあと日本に戻ると、高源寺を創建しました。
後柏原天皇の代に、勅願所の礼遇を許され、高源寺の住職は末代紫衣の宣旨を受けており、全国に末寺を持つ大本山になっています。

1333年に、後醍醐天皇が船上山で兵を募集すると、足立政家は参加し、京都法勝寺で敵3人を討ち取っています。
足利尊氏が後醍醐天皇に背いたあとも、足立氏は南朝方として動きました。
応仁の乱では、細川氏に従って、山名氏と戦っています。

その後、黒井城の荻野直正(赤井直正)に従いますが、1571年には山名祐豊から攻撃を受けて、山垣城は落城した模様です。

丹波・山垣城

しかし、山名家中で内紛となり、山名祐豊が撤退したため、足立氏は復帰を果たしました。





やがて織田信長が台頭してくると、1579年、第二次の丹波攻めの際に、八上城、黒井城を落とし遠阪峠を越えて入った羽柴秀長の大軍と、別の方向から来た明智光秀の軍勢の挟撃に合います。
勇猛で知られる足立光永の遠阪城などの支城だけでなく、山垣城も奮戦むなしく落城し、足立基助(足立弥三郎基助)は運命を共にしたようです。

なお、足立基助の嫡男・足立基依は、家臣の手助けにて逃げ延び、帰農したと伝わります。

丹波・足立氏の菩提寺は、山垣城の向かいにある報恩寺で、足立遠元・足立遠光・足立遠政三代の位牌があるそうです。





なお、丹波・山垣城への登城ですが、登城口から本丸までは15分ほどらしいです。
ただし、駐車場がありませんので、登城は断念しました。

しかし、丹波と但馬の国境はイマイチよくわかりませんので、混同していましたらお詫び申し上げます。

黒井城 赤井直正(萩野直正)の戦国と春日局の誕生地
丹波・八上城 波多野稙通(波多野元清)
柏原藩陣屋 修復された巨大な長屋門と田ステ女?
竹田城 日本100名城で日本屈指の山城
大坂・兵庫・関西の史跡がわかるオリジナル地図

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
丹波
著者コメント
駐車場が無い模様。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 但馬・出石城 但馬・出石城 観光名所と出石藩主の小出吉英
  2. 姫路城 姫路城 駐車場入口など見学クチコミ情報と見どころ~建てた人は?
  3. 但馬・八木城 但馬・八木城 別所重宗が石垣の城に改修
  4. 有岡城(伊丹城)  有岡城(伊丹城) 伊丹駅前に残る城跡と伊丹親興や池田元助も
  5. 但馬・朝倉城 但馬・朝倉城 朝倉氏の本貫地で越前・朝倉氏もここから発祥
  6. 豊岡城(城崎城) 豊岡城(城崎城) 宮部継潤が整備した城
  7. 摂津・大物城(尼崎古城) 摂津・大物城(尼崎古城) 大物崩れの舞台
  8. 丹波・八上城 丹波・八上城 波多野稙通(波多野元清)と波多野氏の盛隆・八上城の…
PAGE TOP