富山県

越中・館の城 館弾正の屋敷跡

館の城




越中・館の城(たちのしろ)は、富山県下新川郡朝日町三枚橋字館にある館跡(平城)です。

別名は越中・三枚橋城と言いますが、典型的な中世豪族居館とされます。
発掘調査では幅が10mほどある堀跡や土塁跡も見つかったようです。
現在は、水田として開発されてしまっており、たんぼになっているため、かつて館があったとはわかりません。





館の城と言う城跡は、東京都青梅市にある辛垣城の出城にも、同じ名前の城があります。
三枚橋城と言う名前の城も、一般的には、静岡県沼津市の三枚橋城(沼津城)が有名ですので、混同しないよう注意が必要です。

館の城

最初の築城などはまったくわかっていません。
ただ、戦国時代には、館弾正と言う武将が館主(城主)だったようです。

近くの舟川新の水神社には、室町時代後期の天文年間(1532年~1555年)に、領主・館弾正から、三枚橋氏神(龍尾権現・神明宮)に正米三十俵、舟川新氏神(若宮八幡)に正米十五俵の寄進があったの記述があります。

館の城

館弾正(たち-だんじょう)の伝承としては、東にある山城の京保山城(南京保山城)の城主としても見受けられます。
詰の城だった可能性はありますが、同一人物かどうかは、定かではありません。
代々、館氏の当主が、弾正と称した可能性もあるからです。
下の名前が不明だけに、なんとも言えません。





館弾正の館の城への交通アクセスですが、北陸道の朝日ICからほど近い平坦な場所にあります。
当方の北陸オリジナル地図にて、あったとされる場所をポイントしてあります。

次は舟見城に行きました。

越中・宮崎城 越後からの侵入を防ぐ重要拠点
越中・若栗城 女のさむらい大将 奮戦の伝承
舟見城 飛騨が渕に身を投げた入善飛騨守五郎左近尉





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 毒沢城(毒沢館)
  2. 但馬・出石城
  3. 弘前城
  4. 織田信長
  5. 落合岬
  6. 伊佐城
  7. 能登・末吉城
  8. 宿蘆寺
  9. 久留米城
  10. 月居城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP