静岡県

三枚橋城とは 沼津の中心部にある沼津城

三枚橋城




春日信達(高坂昌元)が対北条の備えとして城主を務めた三枚橋城(さんまいばしじょう)は静岡県沼津市の中心部にある。
旧東海道の抑えになっており、現在の住所は狩野川河口の静岡県沼津市大手町になり、別名は観潮城とも言うので、水軍を有した海城とも言えるだろう。
北条氏康が東海道沿いに最初に「砦」を築いたとされ、その後、武田勝頼が1579年に梯郭式平城として本格的な築城を行い、武田家の駿河・伊豆国境の最前線拠点となった。
最前線拠点としてだけではなく、武田水軍の基地にもなった。





最初の武田家城将は小笠原信嶺で、その後、曽根昌長、堀内政豊などとなり、最終的に春日信達(高坂昌元、高坂源五郎)が三枚橋城に入った。

三枚橋城の旧東海道

1582年2月29日、春日信達(高坂昌元)が三枚橋城から退去し、もぬけの殻となった三枚橋城を占拠したのは徳川家康で、松平忠次が城主となっている。

三枚橋城跡の旧東海道

1590年3月、豊臣秀吉小田原攻めの際、臣従する為にはるばる馳せ参じた津軽為信は、この三枚橋城にて豊臣秀吉に謁見し所領を安堵された。
現在の三枚橋城跡としては本丸部分が、下記写真の中央公園となる。
なお、各写真はクリックすると拡大する。

三枚橋城跡(中央公園)

その中央公園の西端に、下記の沼津城跡の石碑があり、過去っている石(岩)は、建設工事などで出土した石垣が使われている。

沼津城跡の石碑

1601年、沼津藩が成立し大久保忠佐が藩主となると、沼津城と改名されたが、1613年に大久保忠佐が亡くなった際、嫡子がいなかったため、沼津藩大久保家は断絶となり、1614年に沼津城(三枚橋城)も廃城となった。

沼津城跡

沼津城は旧国道1号沿いにあったが、目だった遺構は残されていないが、付近の建設工事などで発見された石垣の石が、沼津リバーサイドホテル前、アゴラ沼津前、中央公園の沼津城本丸址にて展示されている。

沼津城の石垣

上記は沼津リバーサイドホテルの玄関前にある石垣。

三枚橋城の外堀跡

上記写真は、三枚橋城の外堀跡の石碑で、ナティ沼津ビルの西側歩道にある。
また、沼津リバーサイドホテルの東側(狩野川沿い)には、下記の上土朝日稲荷神社があり、1577年に武田勝頼が三枚橋城の守護神として祀ったものとなる。

上土朝日稲荷神社

三枚橋城(沼津城)への交通アクセス・行き方だが、沼津駅から徒歩6分と便利。
駐車場はなかったので、小生は、下記の地図ポイント地点にあるコインパーキングを利用したが、10分ほど止めただけでは、精算料金0円であった。

伊豆・長浜城と北条水軍の駿河湾海戦~長浜城の訪問記
武田勝頼の最後はこちら
森長可~武勇から「鬼武蔵」と称され槍術が得意だった武将
上杉景勝(詳細版)~豪毅果断・潔白謹厳な武将
直江兼続~戦国の上杉家を支えた智勇兼備の名将(詳細年表)
真田昌幸~戦国時代を巧みに生き抜き真田家を守った名将
天正壬午の乱の全容~神流川の戦いから北条・徳川の勢力争い
板部岡江雪斎~北条3代に仕えた外交僧であり和歌や茶道を好む風流人
北条氏直とは~小田原 北条氏第5代当主
御館の乱 上杉謙信死後の壮絶な跡継ぎ争い
北条氏政【詳細版】~小田原城主・関東覇者への道のり
韮山城 激戦を物語る煙硝曲輪など
長久保城の歴史~今川家・北条家・武田家が奪い合った最前線
伊豆・戸倉城~伊豆と駿河の国境にある戸倉城こそが更科六兵衛の居城だったか?





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 備後・三原城
  2. 興国寺城
  3. 雫石城(雫石御所)
  4. 駿河・深沢城
  5. 越中・升方城
  6. 長井坂城
  7. 伊豆・戸倉城
  8. 荒子城
  9. アオシマナイチャシ
  10. 常陸・橋本城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP