岩手県

千徳城 巨大な三陸の山城が宮古市に

千徳城

千徳城(せんとく-じょう)は、岩手県宮古市千徳町にある標高80m(比高80m)の平山城です。
宮古湾に注がれる閉伊川、支流になる近内川が合流する地点の西の山が城跡になっています。
東西320m、南北に420mと、この辺りでは大規模な要害で、主郭、二の郭、三の郭、四の郭、五の郭からなる曲輪群もあります。
最初の築城は不明ですが、南北朝時代に千徳古館が築かれた模様です。





なんでも、土岐氏の13代とする土岐孝長(土岐小太郎孝長)が、なんらかの理由で流罪となり、閉伊郡中村の郷にて蟄居したとあります。
通常、土岐氏(とき-し)と申しますと、美濃の土岐氏が有名ですが、土岐一族は各地にたくさんいます。
そのため、宮古に来た土岐氏が、どこの土岐氏だったのか?、よくわかりません。
ともあれ、仏門に入ると土岐入道貞庵(じょうあん)と号したそうで、土岐千徳氏の初代となりました。
その嫡男に土岐孝愛(土岐太郎八郎孝愛)がいますが、この頃、対岸の田久左利氏(田鎖氏)が野舘を築くと、酒に明け暮れていたため、諸浪人を集めて中村の地の領主(地頭)を宣言し、千徳城の築城を開始したとしています。

千徳城

ところが、のち、河北閉伊氏が突然現れます。
閉伊氏(へい-し)と言うのは、鎌倉時代から宮古に入って、千徳城からは対岸にあたる田鎖城(たくさり-じょう)を本拠としていた豪族です。
その宗家は、城の名前と同じ田鎖氏を称したと言う事ですので、上記で記載した土岐千徳氏は、田鎖氏の領地で反乱を起こして、千徳城を築いたとも考えられます。
しかし、閉伊氏(田鎖氏)の一族がやがて千徳城も手に入れて、閉伊川より北の地を領有して河北・閉伊氏(へい-し)と称した模様です。
そのため、河北閉伊氏が、千徳城を築いたとする説もあります。
要は、よくわかりません。





河北閉伊氏は宗家・田鎖氏を圧倒して勢力を拡大したようで、やがて南部家から敵視されるようになりました。
諸説ありますが、南部信時の家臣・櫻庭光康らが攻撃して、千徳次郎善勝(河北閉伊氏?)を滅ぼし、南部氏の一族である一戸政英が千徳城に入り、初代一戸・千徳氏となりました。
のち、千徳政吉が青森に移って浅瀬石城を本拠としたため、浅瀬石・千徳氏(あせいし-せんとくし)とも言います。
一戸政英(一戸信濃)が千徳城に入ったともされますが、戦功があった桜庭光康(さくらば-みつやす)は南部四天王と称された知略の武将で、晩年になって千徳城の城主になると、長根寺、善勝寺などに寄進しています。
この桜庭光康の次男が母方の伯父の北信愛の養子となって、北信景(きた-のぶかげ)と名乗りました。
ちなみに、北信景は、1600年、和賀忠親の一揆(岩崎一揆)の際に花巻城を救援して、一揆勢を撃退しています。

ともあれ、戦国時代に千徳城は拡大整備されましたが、千徳政氏のとき浅瀬石城に移ったため、千徳城は一族の一戸孫三郎が守りました。
なお、1592年、一戸孫三郎が朝鮮攻めにて肥前・名護屋城に参陣している間に、南部氏によって千徳城と、佐々木十郎左衛門の持ち城になっていた田鎖城は破却されました。
これは、豊臣秀吉の命令(一領主一城)もあって、南部領にて45もの城を破却、または一部破却した一環ではあります。
しかし、そのあと、一戸孫三郎の名が出てこないことから、この破却に乗じて、一戸千徳氏は南部家によって滅ぼされたと模様です。





恐らくは、浅瀬石城の千徳政氏のとき1584年頃に、大浦為信(津軽為信)と同盟して、南部氏を裏切った経緯があったため、よく思っていなかったのでしょう。
南部氏も、裏切の要素は徹底的に潰して江戸時代を迎えていますので、その一環だったと推測致します。

大槌城 三陸海岸屈指の規模を誇る山城
狐崎城 狐崎館の戦い
花巻城 稗貫氏の本拠地と稗貫広忠
当方のオリジナル東北地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
陸奥
著者コメント
この付近では大きな城跡です。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 陸奥・岩崎城 陸奥・岩崎城 和賀・稗貫一揆や岩崎一揆の舞台
  2. 人首城 人首城 アテルイの弟・大武丸の子である人首丸が籠城?
  3. 遠野・安倍屋敷(阿部屋敷) 遠野・安倍屋敷(阿部屋敷) カッパ淵にある奥州安倍氏一族の屋敷
  4. 高水寺城(陸奥・郡山城) 高水寺城(陸奥・郡山城) 斯波詮直と忠節を貫いた岩清水義長
  5. 鱒沢城(鱒沢館) 鱒沢城(鱒沢館) 鱒沢広勝の謀反
  6. 一関城 一関城 東北の要所となる城跡
  7. 陸奥・横田城 陸奥・横田城 遠野の領主である阿曽沼氏の本拠地
  8. 鍋倉城(遠野城) 鍋倉城(遠野城) 阿曽沼広郷 遠野保・遠野十二郷
PAGE TOP