秋田県

陸奥・花輪館(鹿角の花輪城) 簡単そうで訪問には厳しい館跡

陸奥・花輪館

花輪館(はなわたて)は、秋田県鹿角市花輪町にある標高180mの丘城で、比高は40mとなり、陸奥・花輪城、臥牛本館とも書きます。
最初の築城年代は不明ですが、鎌倉時代に安保氏が臥牛本館に入り、花輪次郎と称したのが始まりのようです。

丘に御館・北館・南館をそれぞれ築いた連郭館で、永禄年間(1558年~1570年)には、花輪親行(花輪伯耆守親行)が、檜山城安東愛季に味方して南部家の長牛館を攻めています。





花輪延親(花輪帯刀延親)が、九戸の円子村に200石で移ると円子氏を称しました。
1590年には南部信直の命により、大光寺正親が花輪城主になりました。

陸奥・花輪館(鹿角の花輪城)

以後、南部藩の重臣が城代として入っており、江戸時代の1657年には、毛馬内九左衛門が古館に入り、1674年には、中野吉兵絵が樋口館(要害屋敷)に入っています。

花輪小学校がある郭が二の丸になります。

下記は北の麓にある旧鹿角郡公会堂になり、その背後にある丘が花輪城と言う事になります。

旧鹿角郡公会堂

交通アクセス出須賀、JR花輪線・鹿角花輪駅より徒歩10分です。
東北道・鹿角八幡平ICからですと、国道282号線経由で約3㎞になりますが、鹿角花輪の街は、道路も狭く、陸奥・花輪館のあたりは一方通行になっています。
陸奥・花輪館へ道を上がって行きましたが、なにやら民家のようなところに出そうでしたので、途中で、なんとか切り返しで戻りました。

駐車場を利用する場合には、少し離れますが、旧鹿角郡公会堂の駐車場か、桜山公園駐車場が利用できるそうです。

このあと、石鳥谷館へ向かいましたが、国道282号を南下していましたら、コメリ鹿角花輪店さんから国道に出てきた、ご高齢女性の車とぶつかりそうになりました。
当方はたまたま速度35km/h程度で、前方に割り込んできたクルマに気がついたからよかったです・・。
当方がクラクションを鳴らして、急停車致しましたら、その車は、国道に出たところバックで戻ってくれました。(^-^)
日本全国、良く出張しておりますが、久しぶりに危ないところでした。
幹線道路に出るときには、必ず、左右を確認して頂けますよう、お願い申し上げます。

檜山城 広大な檜山安東氏城館跡 紅葉の様子も
安東愛季 安東氏を大きく飛躍させた戦国大名
南部信直~生き残るための戦略~
陸奥・大湯館(大湯館城) 秋田の大湯温泉にある城跡
石鳥谷館 南部氏一門が治めた鹿角の石鳥谷集落

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
陸奥
著者コメント
駐車場がありませんでした。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 出羽・滝沢城 出羽・滝沢城 滝沢春永(滝沢又五郎春永) 滝沢政道(滝沢刑部少輔…
  2. 本荘城 本荘城 楯岡満茂が整備した由利の一大拠点
  3. 仁賀保陣屋(平沢館) 仁賀保陣屋(平沢館) 仁賀保誠次が築城
  4. 出羽・豊島館 出羽・豊島城(豊島館) 畠山重村(豊島重村・豊島休心)と湊合戦
  5. 古堀田城 古堀田城 戸沢氏の重要な支城
  6. 出羽・染川城 出羽・染川城 安東惟季 想像掻き立てられる海辺の城
  7. 出羽・紫島城 出羽・紫島城 佐竹北家で大坂の陣に出陣した佐竹義廉
  8. 出羽・六郷城 出羽・六郷城 六郷道行と六郷政乗

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 陸奥・水沢城
  2. 阿波・大西城
  3. 常陸・戸崎城
  4. 田中城
  5. 鞆城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP