秋田県

石鳥谷館 南部氏一門が治めた鹿角の石鳥谷集落

石鳥谷館

スポンサーリンク

石鳥谷館(いしどりやたて)は、秋田県鹿角市八幡平にある比高40mほどの平山城です。
石鳥谷集落の北側の丘陵にあり、段丘を利用しています。

最初の築城は不明ですが、鎌倉時代に鹿角へ入った武蔵七党・丹党である安保氏の庶流・石鳥谷氏が築いたとされます。
ちなみに、鎌倉末期に大湯館も所領としていた成田氏が滅ぶと、安保氏が成田氏を称するようになりましたので、その一族と考えて良いでしょう。


スポンサーリンク

戦国時代には、南部晴政勢が鹿角郡に侵攻すると、三戸城南部氏一門である南部正友が石鳥谷館主に入って、石鳥谷正友(いしどりや-まさとも)を称したとあります。

1566年、檜山城安東愛季が鹿角に侵攻し、石鳥谷館には長牛城主・長牛友義も駆けつけましたが、攻撃を受けて陥落しました。
そのため、南部正友は長牛館に退却したと伝わります。

下記写真の未舗装路を更に進むと、案内板などがあるようなのですが、折しもの雨でぬかるんでそうでしたので、無理はせずに、ここでUターンしました。
この場所は、当方のオリジナル地図でもポイントしておきますが、集落の狭い道ですので運転にはご注意を。

石鳥谷館

石鳥谷館跡の2の郭には、国の有形文化財に指定されている渡部家住宅があり、資料館として無料開放されているそうです。

なお、花巻市にも「石鳥谷」と言う地名があるので、調べたり訪問する際には注意が必要です。
この後は、玉川温泉田沢湖に寄ってから、角館城方面に向かいました。

檜山城 広大な檜山安東氏城館跡 紅葉の様子も
安東愛季 安東氏を大きく飛躍させた戦国大名
陸奥・大湯館(大湯館城) 秋田の大湯温泉にある城跡
角館城 6歳で家督を継いだ戸沢道盛の復活劇
南部晴政とは~最盛期の南部家へと発展させた有能な武将もそのあとは・・


スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP