新潟県

栖吉城 越後・長尾家一門筆頭の居城

栖吉城

越後・栖吉城(すよし-じょう)は、新潟県長岡市栖吉町にある標高328m山城で、別名は兜山城と言います。
比高は243mと、結構、堅固や城です。

築城年は不明ですが、戦国時代の永正年間(1504年~1521年)に、古志長尾家の長尾孝景が築城し、長岡の蔵王堂城から本拠地を移したとされます。
古志長尾氏は越後国守護になった上杉房顕に従って、越後に入った長尾景恒が先祖となります。

普済寺の北に平時の館があったといい、そこすらの登山道が大手だとされます。
三の丸から本丸までのルートは公園整備されているようで、畝状岨塁も見受けられるようです。





上杉謙信が上洛ののち、春日山城に帰国したことを祝う「侍衆御太刀之次第」では、一門筆頭として長尾景信の名が見受けられます。
1561年、長尾景虎が山内上杉家を継いだ際に、長尾景信も上杉姓を許されています。

御館の乱では、上杉景勝の中心的な上田長尾家(上田衆)に対抗するため、上杉景虎(北条三郎)に味方しました。
しかし、居多浜の戦い(伊多浜の戦い)にて、城主・上杉景信(長尾景信、古志十郎)が討死し、栖吉城も落城し、古志長尾家は滅亡しました。
本庄清七郎の墓(本庄秀綱)が山の中にあるそうです。

栖吉城

その後、上杉謙信が在命していた際に、古志長尾家を継承(長尾姓の名乗りは辞退)していた、河田長親が古志長尾家の旧臣らを栖吉衆として再編しています。

この河田長親は近江が出身で、上杉謙信が上洛した際に連れて帰った武将です。

その河田長親が越中・松倉城にて急死(39歳)すると、嫡男の河田岩鶴丸が栖吉城の城主となのましたが早世しました。

そのため、親戚の河田親詮が河田家を継ぎましたが、軍役は縮小されて、栖吉衆の一武将に格下げとなった為、名実共に古志長尾家は滅亡しています。
河田家の没落以後は、上杉景勝の直参となった栖吉衆が番将を務めました。

1598年、上杉景勝の会津転封により、栖吉城は廃城となりましたが、上杉謙信の母・虎御前(青岩院)はこの栖吉城主であった長尾房景(長尾顕吉とも?)の娘となります。
そのため、一説によると、上杉謙信はこの栖吉城で誕生したとも伝わります。





古志長尾家の菩提寺であったと言う普済寺(ふさいじ)は、南北朝時代に越後守護となった上杉氏の祈願所でもありました。
その普済寺の牧野忠成墓所近くに登城口があり、駐車スペースがあるそうです。
今回、たまたま通りがかった予定外だったのと17時を過ぎていたため、遠景の撮影に留めました。
なお、栖吉神社の裏手からも、山頂への道がある模様です。

遺構はなかなかよく残されているようですので、一度、登ってみたい山城です。

栃尾城 越後の龍・上杉謙信「旗揚げ」の山城
長尾為景 二度主を殺した「奸雄」謙信の父
上杉謙信・長尾景虎・上杉景虎の人物像に迫る
御館の乱 上杉謙信死後の壮絶な跡継ぎ争い
越後・三条城(三条島之城) 城跡はどこなのか?
新潟の城跡などの場所が分かるオリジナル地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
越後
著者コメント
軽登山の装備で。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 春日山城 春日山城 戦国の息吹を感じ妄想も広がる山城 東城砦・林泉寺も
  2. 清崎城(糸魚川城) 清崎城(糸魚川城) 高田藩の改易に翻弄された城跡
  3. 越後・琵琶島城 越後・琵琶島城 上杉家に忠実な宇佐美氏の本拠地
  4. 越後・高田城 越後・高田城(続日本100名城) 松平忠輝の築城いきさつ
  5. 箕冠城 箕冠城 武田に寝返るも最後は忠義の士となった大熊朝秀
  6. 徳合城(得合館) 徳合城(得合館) 日本海側の山里にある広大な防衛線
  7. 越後・北条城 越後・北条城 ここにも大江広元からの毛利家一族が
  8. 越後・五泉城跡 越後・五泉城(甘粕備後守城跡) 城跡は五泉八幡宮

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 佐賀城
  2. 鉢形城
  3. 大可島城
  4. 丹波・朝日城
  5. 河崎庄司郎館(妹尾氏館)
  6. 近江・清水山城
  7. 越前・府中城
  8. 武蔵・高幡城
  9. 美濃・金山城(兼山城)
  10. 七尾城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP