長野県

志賀城とは~小田井原の戦いと笠原清繁の首塚

志賀城

信濃・志賀城(しがじょう)は、長野県佐久市にある山城で、標高は880m、比高は170mとなります。

天然の岩肌も露出する急峻な山上に築かれていますが、最初の築城は不明です。

武田信虎に従っていた諏訪頼重も1540年に大井貞隆の長窪城を落としていますが、武田信玄が諏訪に侵攻すると長窪城を奪還していました。
その後、武田信玄はの相木昌朝や芦田信守を調略し、1543年9月に再び長窪城を奪還し、捕虜となった大井貞隆は甲府に連行されています。

以後、大井貞隆の弟・大井貞清が内山城にて抵抗していましたが、1547年5月20日に内山城も落城・降伏しました。
ちなみに大井貞清は、のち長篠の戦いの際に討死しています。

これで、佐久の大半を掌握した武田信玄でしたが、志賀城の笠原清繁(笠原新三郎清繁)だけは、まだ、強固に抵抗していました。
碓氷峠も比較的近いことから、志賀城へは関東管領上杉憲政からの支援が期待できたからです。
実際に援軍として、上杉家の家臣で菅原城主である高田憲頼の父子が志賀城に入っていました。





これに怒った武田信玄は、志賀城の総攻撃を決意します。
1547年閏7月、大井三河守貞清を先鋒として甲府を出陣し、閏7月24日に志賀城を包囲し、翌日には水の手を絶ちました。

そのため、関東管領・上杉憲政は、志賀城の後詰(援軍)を送ります。
一説では20000とも言われる大軍です。

小田井原の戦い

志賀城を包囲していた武田晴信は、重臣の板垣信方、甘利虎泰、横田高松、多田三八らに上杉勢撃退を命じると、1547年8月6日、小田井原の戦い(おたいはらのたたかい)となりました。
笛吹峠合戦(笛吹峠の戦い)とも言います。
金井秀景を大将とし、倉賀野党16騎が先陣である関東管領の軍勢は大敗を喫して、約3000が討ち取られたとあります。

降伏しない志賀城に対して、武田晴信(武田信玄)は、その3000の首を、志賀城からよく見える場所に並べたとされ、もう援軍も期待できない城兵の士気を下げました。
兜首は槍にかざし、平首は棚に掛け並べていたとされます。

そして、8月10日、武田勢は志賀城への総攻めを開始し、外曲輪、二の曲輪が焼き落とします。
翌8月11日、残る本曲輪(本丸)を攻めて、志賀城主・笠原清繁を荻原昌之(萩原弥右衛門)が討ち取りました。
関東管領の家臣・高田憲頼(高田右衛門佑)らは、諏訪衆の小井弖越前守が討ち取っています。
城兵は約300の死者となりました。

この時の武田晴信の処置は厳しく、志賀城の落城後、城内に立て籠もっていた敵兵は、金山などへ送られて強制労働となり、実質的に奴隷として扱ったと言います。
女・子供は、捕虜となり、親類縁者がある者は二貫文から十貫文で身請けされましたが、多くは娼婦・奴婢として人身売買されたと言います。

美人であったとされる、笠原清繁の妻(笠原清繁夫人)は、郡内衆の小山田信有に与えられ、妾となっています。

その後、戦国時代の志賀城に関する記録は見つかっておらず、不明です。
なお、武田勢が攻めたのは、志賀城ではなく、近くの高棚城や笠原城であったとする説もあります。

武田信玄は、若かりし頃の奴隷狩り・残虐行為を悔いたのか?、佐久には龍雲寺を開いて、上杉景勝直江兼続も子供の頃に学んだと言う、北高和尚を招いています。

笠原清繁の首塚

下記は、笠原清繁の首塚です。

笠原清繁の首塚

畑の真ん中に、ポツンと五輪塔が残っています。
畑と記載しましたが、夏場は水がはられた「田んぼ」になっているとのことです。
首塚を違う場所に移そうとすると、災いが起こると言われています。
「怨みの首塚」と呼ばれることもあり、昔、邪魔だから移そうとした人が亡くなったと伝わっているそうです。





志賀城跡には雲興寺から右奥の墓地付近に登山道があるようですが、整備されていないとのことで、危険もあるため登るのは断念しています。
なお、山頂部は本当にキケンな箇所もあるとの情報もありますので、自己責任にてお願い申し上げます。
虎口には石積み見られるようですが、今でも、転落注意となる難攻不落の要害です。
碑や案内板、説明版などはありません。

ちなみに、三谷幸喜監督の映画「ステキな金縛り」に登場する落武者の更科六兵衛は、笠原一族である笠原新六郎がモデルではないかと推測しています。

更科六兵衛~笠原新六郎【ステキな金縛り】清須会議
志賀城主・笠原清繁夫人の墓【大月市・宝林寺】悲劇の女性と小山田出羽守信有
信濃・大井城~佐久を治めた小笠原一門・岩村田大井氏の居城
関東周辺の史跡オリジナル地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
上級者向け
旧国名
信濃
著者コメント
危険ですので登らないと言う勇気も必要です。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 小諸城 小諸城とは~佐久は小諸の懐古園を城跡として歩く見学ポイント
  2. 龍岡城(龍岡五稜郭) 龍岡城(龍岡五稜郭) 日本に二つしかない五稜郭の一つが佐久にある…
  3. 諏訪・高島城 諏訪・高島城~かつては諏訪湖畔にあった日本三大湖城
  4. 相木城 相木城と相木昌朝(相木昌友)~相木市兵衛や相木頼房も
  5. 仁科城(信濃・森城) 仁科城(信濃・森城) 仁科盛能と仁科盛政
  6. 砥石城からの展望 砥石城(戸石城) 米山城・本城・枡形城も 登山と所要時間・駐車場…
  7. 信濃・富士見城(大室城) 信濃・富士見城(大室城)~徳川家臣で弓の名手である柴田康忠
  8. 高遠城 高遠城 織田信忠が総攻撃して陥落させた武田の重要拠点

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 観音寺城
  2. 能登・飯田城
  3. 阿波・秋月城
  4. 丹波・八木城
  5. 古渡城
  6. 島原城
  7. 堀内新宮城
  8. 仁賀保陣屋(平沢館)
  9. 佐土原城
  10. 日向・淡路城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP