香川県

聖通寺城(宇多津城)~瀬戸内海に浮かぶ塩飽諸島の展望も素晴らしい山城

聖通寺城

聖通寺城(しょうつうじじょう)は、香川県綾歌郡宇多津町坂下・平山にある、善通寺山にある山城で標高122m、比高120mと、瀬戸内海を望める立地となっています。
岡山県から瀬戸中央自動車道の瀬戸大橋にて四国に入ると、前方に見えて来る山が聖通寺城となります。
宇多津城と言う別名で呼ばれることも多く、宇多津を納めた奈良太郎左衛門元安(奈良元安)が、応仁年間ごろ(1467年~1469年)に築城したとされています。

聖通寺城

この奈良氏の出自は、成田氏流ともされる武蔵国大里郡奈良と言う事ですが、応仁の乱となると奈良元政が細川勝元に属し、1362年の高屋の戦いにて戦功を挙げたため、この讃岐の鵜足郡と那珂郡の2郡が与えられました。
奈良元政は、香川元明・香西元資・安富盛長とともに「細川京兆家の四天王」と称されます。
そして、宇多津城を本拠としたようですが、西の麓に聖通寺があることから、聖通寺山宇多津城とも呼びます。
また。宇多津では、塩飽水軍を支配下に収めていたようです。





1582年、織田信長本能寺の変で殺害されると、土佐を統一した長宗我部元親は、1万2000の軍勢にて聖通寺城を攻めています。
勢力が衰え、2村程度の領地となっていた奈良元政(奈良太郎左衛門元安)は、戦うことなく聖通寺城を捨て250の兵を引き連れて阿波に入り、勝瑞城の十河存保を頼りました。
その後、1582年8月28日、中富川の戦いで、十河存保らと長曾我部軍を迎え撃ちますが、奈良元政は討死したとされます。

聖通寺城

豊臣秀吉の四国攻めて、長宗我部元親が降伏して土佐一国におさまると、讃岐は仙石秀久に与えられました。
この時、仙石秀久は、高松城を本拠にしたと考えられていますが、聖通寺城に入った可能性も捨てきれません。

戸次川の戦いで、仙石秀久が失脚すると、1595年(文禄4年)に生駒親正が17万石で讃岐に入りました。

生駒親正は最初、引田城を拠点としていますが、程なく聖通寺城に本拠を移しています。
しかし、1588年(天正16年)に高松城を築くと、本拠としたため、以後、聖通寺城は歴史に登場していないようです。





宇多津城は、結婚式場(無料展望台あり)がある北郭と、本丸と推定される中郭、そして南郭の3つのピークからなります。

山頂付近は「常盤公園」になっていて無料駐車場もありますが、城跡としての遺構はほとんど残されていません。
積石塚古墳は石を盛った珍しい古墳ですが、仙石秀久が石を投げたものと言う伝承もあります。

常盤公園駐車場(無料)が利用できます。
当方のオリジナルGoogleマップにてご確認を賜りますと幸いです。

歩きですと、JR予讃線・宇多津駅駅から徒歩45分で、しかも山城ですので坂が待ってます。

常盤公園から瀬戸大橋を望む

聖通寺城(宇多津城)がある常盤公園には、駐車場からすぐ近くのところに「結婚式場」St.ANGELINA(サン・アンジェリーナ)があります。
標高117mの山頂付近でして、展望台の部分が無料開放されており、駐車場から歩いて1分で行けます。
下記のような絶景が迎えてくれます。

常盤公園から瀬戸大橋を望む

瀬戸内海の塩飽諸島も一望できる坂出の絶景ポイントです。

聖通寺城からの展望

聖通寺城としての遺構は乏しいですので、この展望を見に行くような観光地と言えますが、昔は埋め立てされていなかったため、岬の先端のような状態だったと存じます。

宇多津城からの展望

そのため、城跡言うよりは、この展望を求めて訪れるのも良いです。
発電所でもあるのですかね?
大きな天然ガスタンカーも停泊していました。

常盤公園からの展望

仙石秀久~武勇にも優れた情に篤い武将
引田城と四宮光武~讃岐の寒川元隣も
仙石秀久の墓と小松姫の墓【鴻巣・勝願寺】
長宗我部元親~5分で分かる長曾我部元親
丸亀城~高い石垣が見事な名城と生駒一正・山崎家治
讃岐・高松城~天守復元に向けて整備が進む日本100名城
瀬戸大橋をクルマで渡るなら与島PAにて瀬戸内海を満喫しよう
城めぐり用オリジナルGoogleマップ

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
初心者OK
旧国名
讃岐国
著者コメント
瀬戸内海の展望も素晴らしい山城で、山頂に無料駐車場があります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





関連記事

  1. 雨滝城 雨滝城と安富盛定~東讃守護代の没落
  2. 引田城 引田城と四宮光武~讃岐の寒川元隣がもがいた戦国時代も
  3. 讃岐・高松城 讃岐・高松城~天守復元に向けて整備が進む日本100名城
  4. 十河城 十河城と十河城の戦い~十河城を訪ねて
  5. 丸亀城 丸亀城~高い石垣が見事な名城と生駒一正・山崎家治
  6. 虎丸城 虎丸城~三好勢が逃げ込んだ四国最後の砦

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 室賀城
  2. 聖通寺城
  3. 名胡桃城
  4. 日知屋城
  5. 備中・茶臼山城
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

城めぐり 2000城超えました

城めぐり
PAGE TOP