長野県

諏訪・高島城~かつては諏訪湖畔にあった日本三大湖城

諏訪・高島城

高島城(たかしまじょう)は、長野県諏訪市高島にある平城で、別名は諏訪の浮城や島崎城、茶臼山城とも呼ばれますが、続日本100名城にも選ばれました。
現在は、干拓(埋め立て)によって、周辺は陸地になっていますが、江戸時代の初期までは、諏訪費に突き出た岬のようなところで、日本三大湖城とも言われます。

諏訪の統治と杖突峠から進入する敵にも対処できる重要な場所に、信濃・高島城はあります。

杖突峠は、武田信玄の軍勢も越えた事で知られる難所ですが、高遠から杖突峠を抜けた所に「峠の茶屋」があり、2階がカフェになっています。(峠の茶屋は3月下旬から11月末までの営業)
そのカフェのベランダが無料開放されており、お茶をしなくても、諏訪湖方面の展望を見る事が可能です。
ちょっと曇っていて、霧ヶ峰方面の山並みが良くないのですが、下記の写真のような感じでした。

杖突峠
 
この峠の茶屋付近は、無料駐車でき、公衆トイレもありました。
そして、急カーブをずっと降りていくと、茅野に出ます。

そして、高島城と上原城を周るため、その後の行程の関係上、高島城へ先に行ったのですが、杖突峠からの通常の行程的には上原城から先に行くと良いです。

諏訪・高島城

1590年、豊臣秀吉小田原攻め山中城を攻略した恩賞として、日根野高吉が信濃諏訪藩(高島藩)38000を与えられ、約7年掛けて築城した「諏訪の浮城」と呼ばれた高島城です。
築城当時は、天守閣の目の前まで、諏訪湖の湖畔だったそうで、堀を巡らした堅固な平城です。
1598年には、独立式望楼型3重5階の天守も建造されました。

諏訪・高島城

駐車場は、天守近くの無料駐車場に止めました。(下記の地図ではその駐車場付近をポイントしています。)
しかし、狭い駐車場でして、土日の場合、運が良くないと満車である事が多いと推測します。
今回は、たまたま1台分だけ空いていました。

駐車場からすぐに城内に入れて、すぐ横に天守閣がありました。
天守閣への入場だけは有料拝観ですが、JAF割引が使えますよ。ただし、天守閣は復元で内部は鉄筋コンクリートですが、武将や城関連の貴重な資料の展示もあります。所要時間は30分もあれば十分です。
下記の写真は、天守閣から現在の諏訪湖方面を望んだ写真です。すべての写真はクリックすると拡大しますです。

20130924082356674

昔、城内には建物があったようですが、現在は庭園風になっており、片隅にブランコなどの遊具もありました。

20130924082356749

写真が暗くて申し訳ありません。
かなり昔に撮影したものですので、また機会があれば訪問したいと考えています。

20130924082356772

諏訪高島城の観光所要時間は、約20分といった感じです。
ただし、堀のまわりを一周しますと、約40分くらいはみたほうが良いかと存じます。

時間があれば、上原城などとセットでどうぞ。

この記事は当方の国内旅行情報より再編集したものとなります。

信濃・上原城~諏訪統治で拠点となっていた難攻不落の山城
日本のお城訪問に便利なオリジナル地図

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
初心者向け
旧国名
信濃
著者コメント
平城でそんなに広くもありませんので、訪問しやすいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 諏訪・上原城 信濃・上原城~諏訪統治で拠点となっていた難攻不落の山城
  2. 荒砥城 荒砥城~山城として復元されロケ地でも有名な史跡公園
  3. 高遠城 高遠城~織田信忠が総攻撃して陥落させた武田の重要拠点
  4. 室賀城 原畑城と笹洞城(室賀城)~黙れ小童で風靡した室賀正武の本拠地
  5. 信濃・大井城 信濃・大井城~佐久を治めた小笠原一門・岩村田大井氏の居城
  6. 志賀城 志賀城とは~小田井原の戦いと笠原清繁の首塚
  7. 海ノ口城 海ノ口城~武田晴信が初陣にて300を率いて落とした山城
  8. 小諸城 小諸城とは~佐久は小諸の懐古園を城跡として歩く見学ポイント

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 野々美谷城
  2. 大和・丹治城(丹治塁)
  3. 平戸城
  4. 武蔵・菅谷城(菅谷館)
  5. 武蔵・奥沢城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
にほんブログ村 歴史ブログへ
PAGE TOP