東京都

阿伎留城の解説~三宮綱遠と三ノ宮大明神・あきる野を見下ろす山城

阿伎留城

スポンサーリンク



阿伎留城とは

阿伎留城(あきるのじょう)は東京都あきる野市三内の天竺山(標高310m)にある山城
山頂には三内神社の本社(本殿)があったと言うので山岳信仰の名残りもある山城と言える。

阿伎留城

現在、三内神社はだいぶすたれてしまったようだが、天武天皇の御宇10座を奉斎して延暦24年(805年)の創建とされ三ノ宮大明神と呼ばれていた。
富士山が延暦の大噴火を起こした3年後であり、坂上田村麻呂が盛岡に志波城を築いた頃である。
天竺山そのものが三内神社の境内の為、三内神社の神官を務めた三内氏が築城したと考えられているようだ。
そもそも「あきる野市」の名前のもとになった「阿伎留城」であり、秋留郷三宮村三ノ宮大明神と称していたようなので、古くから栄えた集落があったのであろう。

なお、鎌倉時代にはは三ノ宮大明神の三宮綱遠(三宮孫四郎綱遠)が神官だったようだがもちろん山頂に城など築く時代ではないため、麓にある三内神社付近に屋敷を構えたのであろう。

戦国時代には三宮国政(三宮中務大輔国政)が阿伎留城主と見え、1590年、豊臣秀吉小田原攻めの際に八王子城の籠城に加わり討死した。


スポンサーリンク



三宮氏は江戸時代に名主を務めた子孫の三宮源左衛門昌国のときに三内氏へと改名したと言う。

交通アクセス

阿伎留城への行き方だが武蔵五日市駅から700m、踏切を渡ったところ(徒歩10分ほど)で麓にある三内神社に到着でき、奥の登城口から背後の山に登ると徒歩15分くらい。
駐車場はないので武蔵五日市駅前にあるコインパーキング利用が無難か?
登城口の場所は当方のオリジナル地図にてポイントしている。

幸神屋敷の解説~平山綱景の屋敷か?
武蔵・伊奈城/上平井館 (あきる野)~平井半兵衛の居城か?
檜原城の解説~平山正泰の居城で横地吉信(横地監物)が逃げたとされる「檜原城の戦い」
八王子城落城の悲劇 (八王子城の戦い)と横地監物館跡
武蔵・戸倉城の解説~小宮憲明の築城で大石定久の隠居城
武蔵・網代城の解説~室町時代に多摩で発生した「武州南一揆」とは?
八王子城の解説【日本100名城】東京にある本格的な登れる城跡


スポンサーリンク



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP