山口県

天野氏館の解説 天野元嘉の隠居地

天野氏館




天野氏館(あまのし-やかた)は、山口県岩国市周東町上久原にある平城(館跡)です。
現在、グランドのようになっている久田児童公園が、天野氏館跡付近とされ、西には中山川が流れています。
最初の築城としては、戦国時代後期の慶長年間(1596年〜1615年)に、毛利家の家臣・天野元嘉が築いたとされます。

天野元嘉(あまの もとよし)は、安芸・金明山城の城主である天野隆重の5男で、1562年に生まれました。
父・天野隆重は、毛利元就に従い、月山富田城の城代も務めた、有能な武将です。





兄・天野元明は、1578年、上月城の戦いにも参じており、山中幸盛(山中鹿之助)の身柄を護送する際に、家人の河村新左衛門と福間彦右衛門に命じて殺害しています。

1580年、天野元嘉は、因幡・鳥取城の戦いに援軍として駆けつけています。
1584年に、父・天野隆重が死去すると、家督は天野元嘉が継いで、2730石と見られますが、所領は、兄・天野元明のほうが大きいです。

天野元嘉も期待されたようで、正室は、吉川広家の養女(今田忠久の娘)となります。
長男・天野兵衛入道浄心は、目が見えなかったようで、天野淨心の子・天野元重が、弟・天野元信の養子になったともされます。(諸説あるようです)

1590年、天野元嘉は、3283石にて、備後・大富山城に本拠を移しました。
豊臣秀吉の朝鮮攻めでは、渡海した長い在陣のすえ、帰還しています。





恐らくは、毛利輝元関ヶ原の戦いにて、長門国と周防国へ減封となったあと、岩国に移ってきたと考えてよいでしょう。
天野元嘉には、周防国玖珂郡の久原村、長野村、午王内村、中曽祢村、樋余地村に1500石が与えられ、久原村に居を構えたとあります。
その館跡が、天野氏館と言う事になりますが、遺構などは残されていません。

天野氏館

その後、天野元嘉は、慶長17年(1612年)12月20日に亡くなりました。享年51。
墓所は、近くの通化寺にあり、父・天野隆重夫妻の墓も一緒にあります。

ちなみに、天野氏の発祥は、伊豆国田方郡天野郷で、源頼朝の挙兵に最初から加わった天野遠景がいます。
その功績で、鎌倉幕府では鎮西奉行を務めたため、駿河国・相模国・三河国・尾張国・甲斐国・安芸国・能登国など、各所に領地があり、のち、天野一族が下向したことから、繋がっています。





天野氏館への交通アクセス・行き方ですが、JR岩徳線の周防高森駅から約1.6km、歩くと20分くらいの距離です。
場所がわかりにくいので、当方のオリジナル地図にて、ポイントしているのを、ご参照賜りますと幸いです。
このあとは、通化寺へ向かいました。

周防・鞍掛山城の解説 杉隆泰「鞍掛城の戦い」(鞍掛合戦)
蓮華山城の解説 椙杜隆康・椙杜元縁の本拠地
月山富田城の解説【日本100名城】尼子経久・尼子晴久・尼子義久
天野隆重の解説 天野元明
山陽の観光や城跡巡りにも便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 逆井城(飯沼城)
  2. 中村御所
  3. 大島屋敷(大島正時屋敷)
  4. 春日山城
  5. 御船城
  6. 深谷城
  7. 日向・西城
  8. 池上氏館
  9. 肥前・名護屋城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP