島根県

横田山城の解説 秋上久家(秋上宗信)

横田山城




横田山城は、島根県松江市美保関町森山にある山城で、標高50m、中江瀬戸(境水道)の脇にあるため、比高も50mとなり、海城でもあります。
最初の築城者など、詳細は不明ですが、亀井安綱の鈴垂城や、出雲・権現山城と共に、水軍基地として機能していたようです。
横田神社の南側に横田山城がありますが、登城口は海側にある鳥居からとなります。

尼子十勇士の中で、山中鹿之介の次にその名が挙がる武将に、秋上久家がいます。
その秋上久家の居城は、出雲・森山城と伝わりますが、その森山城がどこにあったのかが、わかっていません。
美保関町森山と言う地区は、横に広くなっており、鈴垂城も森山地区ですし、森山郵便局の近くにある出雲・権現山城も、森山地区です。
横田山城には、秋上氏がいたともされますが、横田山城が、出雲・森山城でない可能性もあり、断定はできないと考えております。

ともあれ、秋上久家に関して、調べてみましたので、明記させて頂きます。





秋上久家(あきあげ-ひさいえ)は、戦国時代の武将で、尼子義久の家臣で、秋上綱平(秋上三郎左衛門綱平)の次男として生まれました。
別名としては、最初は、秋上助次郎だったらしく、通称は秋上庵介、秋上伊織介(秋上伊織之助)、秋上宗信(あきあげ-むねのぶ)とも言います。
そもそも、秋上氏は松江にある神魂神社(大庭大宮)の社家一族で、神職は兄・秋上孝重が継いだため、次男の秋上宗信(秋上久家)は、武将になってものと推測されます。

永禄6年(1563年)、毛利勢が出雲に侵攻すると、秋上宗信は多久和城にて迎え撃とうとしましたが、城を焼いて撤退しました。
吉川元春が、出雲・白鹿城を攻撃した際に、月山富田城の尼子義久は援軍を差し向けています。
その援軍には、父・秋上綱平と秋上久家が加わっていましたが、大敗を喫しました。
その後、秋上氏は、立原久綱らと伯耆・尾高城にて籠城する杉原盛重を攻めましたが、失敗しています。

永禄8年(1565年)、毛利勢の月山富田城攻撃を撃退しますが、1566年、ついに、尼子義久が月山富田城を開城して、毛利元就に降伏し、尼子氏は滅びました。
この時、秋上宗信は、毛利勢に捕縛されますが、社家であるため、責任は問われず、釈放されています。

永禄12年(1569年)、山中幸盛が尼子勝久を擁して出雲・忠山城にて挙兵すると、父・秋上綱平と秋上久家(秋上宗信)も、参じました。

そして、秋上久家(秋上宗信)は、月山富田城奪還の総大将となって6000を率いましたが、月山富田城を預かっていた、毛利勢の天野隆重は、降伏すると見せかけて、おびき寄せます。
秋上宗信ら尼子再興軍は、迎撃されて、浄安寺に伏兵とした入った山中鹿之助も急襲されて、退却しました。
そして、2月、横道秀綱の指揮下に入り、布部山の戦いにて毛利勢に決戦を挑みますが、横道秀綱らが討死し、雌雄は決しました。

横田山城

それでも、秋上久家は、羽倉孫兵衛などと、伯耆・米子城、尾高城などを攻撃しますが、その羽倉孫兵衛も討死します。
1570年5月、安来にある清水寺の大宝坊も、毛利氏に降り、父・秋上綱平のすすめもあり、毛利家の野村士悦(野村信濃守士悦)の仲介にて、毛利家に降伏しました。
この秋上家の降伏は、尼子残党にとっては大きく、出雲・高瀬城米原綱寛も毛利家に城を明け渡しました。
更に、毛利輝元は尼子氏の諸将を調略させるため、1571年、吉川元春・小早川隆景に命じて、秋上氏を、一時的に「出雲・森山城」に入れたと言う可能性があるようです。
毛利家にしてみれば、森山地区の3城は、それぞれ規模が小さすぎますので、その3城を総して「森山城」と呼ぶようになり、3城まとめて統治させるようになったのかも知れません。

その後、秋上久家(秋上宗信)は安芸国に移ったようですが、まもなく病没したとされています。
ただし、一説では、そのあと、尼子再興軍にいる亀井茲矩に従った武将・日野之房が、秋上宗信ともされます。
この場合、没年は、文禄3年(1594年)11月29日で、鳥取市鹿野町の幸盛寺に日野之房の墓があるようです。





天正5年(1577年)2月、吉川元春の次男・仁保元棟(毛利元氏)が、秋上家の領地を引き継いだようで、家臣になっていたと考えられる、久利左馬介(くり-さうまのすけ)が、出雲・森山城の守備を命じられています。

天野隆重の解説 天野元明
出雲・高瀬城【尼子十旗】米原綱寛
鈴垂城 (鈴垂山城) 亀井秀綱の居城
毛利元氏 (繁沢元氏)の解説 浜田城を改修した阿川毛利家の租
山陰地方の史跡・観光のカーナビにも便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 山城・山崎城
  2. 十河城
  3. 鐙摺城
  4. 陸奥・大湯館(大湯館城)
  5. 有馬城山
  6. 朝倉山城
  7. 七沢城
  8. 日向・南郷城
  9. 飯羽間城(飯場城)

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP