長野県

麦種城 飯田の城跡

麦種城

スポンサーリンク

麦種城(むぎたねじょう)は、長野県飯田市山本東平にある平山城で、標高は632m、比高30mほどになります。
伊那・飯田あたりの城の多くは、台地の先端の突き出たところに築かれていますが、この麦種城も同じです。
築城年代は不明ですが、小笠原氏が築いた模様です。

麦種城

近くの久米ヶ城は、貞和年間(1345年~1350年)に、松尾城主・小笠原貞宗の弟・小笠原貞長が築城しました。
麦種城は、その南にある久米ヶ城と連携させる役割だったようです。

本丸へは細い道が続いており、主郭分の一番は墓地となっています。
その墓地の西側に帯郭などがあるようですが、この日は、台風接近での本降りの雨のため、麓からの簡単な撮影に留めました。


スポンサーリンク

麦種城への行き方・交通アクセスですが、電車の場合、不便ですので、クルマ・バイクなどでの訪問をお勧め致します。
クルマの場合、当方のオリジナル関東周辺地図もご参照賜りますと幸いです。

信濃・飯田城や、長岳寺などとセットでどうぞ。

信濃・飯田城 伊那地方の拠点となった城跡
駒場城とは
駒場の長岳寺~武田信玄火葬の地(武田信玄公灰塚供養塔)


スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP