北海道

リンナイチャシ 美幌にあるアイヌの砦跡

リンナイチャシ

スポンサーリンク



リンナイチャシは、北海道網走郡美幌町美英にあるアイヌのチャシ(砦跡)で、別名は、チルラトイチャシ、ツルラトエエチャシ(ツルライエチャシ)とも言います。

リンナイチャシ

リンナイと言う意味は、アイヌ語で「リル・ナイ」、すなわち「潮の入る・川」と言う意味で、網走川の古い呼び名であると言います。
網走川の右岸にあたる比高11mの丘のうえにあります。

リンナイチャシ

北海道全体では、500以上のチャシがあるとされ、美幌町には6つのチャシ跡がありますが、そのビボロアイヌの中では最大級となります。
しかし、見学できた範囲からして、現在の遺構は、一部だけ残っていて、あとは、運動場に変わってしまったのかも知れません。

ビボロアイヌ

専門外ですので、よく、わかりませんが、ベニバナヤマシャクヤクと言う、貴重なボタンの生息地としても、保護されているようです。

ベニバナヤマシャクヤク

リンナイチャシへの交通アクセス・行き方ですが、美幌スポーツセンターの駐車場(運動公園の駐車場)に止めて、約300mほど、徒歩となります。

リンナイチャシ

その駐車場の入口を、当方のオリジナル地図にてポイントしておきます。
市街地にある運動公園の一角にありますので、くまさんなど、そんなに心配はないと存じます。


スポンサーリンク



リンナイと聞きますと、どうしても、給湯器で有名な「リンナイ」さんを連想してしまいます。
しかし、メーカーのリンナイさんは、会社の創設者である林兼吉さんと、内藤秀次郎さんの「林」と「内」から、りんないのため、北海道美幌のリンナイチャシとは関係は無いようです。

ユクエピラチャシの解説【国史跡】陸別のアイヌ砦
突哨山チャシ 旭川のアイヌ砦跡
チャランケチャシ~北海道オホーツク海に面した網走の桂ヶ岡砦跡
北海道のスピード違反取り締まりにはご注意を~傾向と対策
北海道の「チャシ」記事一覧
北海道観光地巡り用「北海道観光オリジナルGoogleマップ」


スポンサーリンク



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP