神奈川県

相模・沼田城 波多野氏の一族である沼田氏の城跡

相模・沼田城




相模・沼田城(ぬまた-じょう)は、神奈川県南足柄市沼田にある平山城です。
独立した山にあると言うよりは、南足柄の山から延びた丘陵の先端付近にあると言う感じです。
長年、城の場所が不明でしたが、昭和48年(1973年)に、地元の旧家から城図が発見され、特定されました。
そこそこの規模もあったようで、相模・沼田城から東にある八乙女神社の池も、水の手だった模様です。

最初の築城としては、平安時代末期に波多野氏の一族である沼田氏が築きました。
波多野氏は、波多野荘が本領ですが、沼田郷・河村郷(河村館)・松田郷・大友郷などに一族を配していました。





1416年、上杉禅秀の乱の際に、相模・沼田氏は、上杉禅秀に味方して敗れ、領地が没収されると、鎌倉公方・足利持氏に味方していた、大森頼春に与えられたと言います。
大森頼春は、小田原城を改修して本拠としていますが、箱根山一帯の支配権を得ており、相模・沼田城も整備をしたようです。

その後、韮山城北条早雲(伊勢宗瑞)が、小田原を攻めると、北条氏の領地に変わりましたので、馬出などの遺構など、大規模なものは、北条氏による改修と考えられます。

本丸と想定されている部分は、奥に一軒の民家があり、トップの写真のところから、入れるようです。
何やら、2トンのダンプカーが入って、工事をされていましたので、接近するのは自粛しました。





相模・沼田城への交通アクセス・行き方ですが、伊豆箱根鉄道の大雄山線「相模沼田駅」から徒歩10分で、坂を上がります。
道路は1.5車線で、周囲に駐車場はありません。

曽我兄弟の仇討ち 分かりやすい経緯~工藤祐経と伊東祐親の遺恨
河村城 畝堀(障子堀)や深い堀が見事な山城
上杉禅秀の乱 【上杉禅秀の解説】
足柄城 本丸から望む素晴らしい富士山は絶景
関東の城めぐりに便利なオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 甲斐・下山城
  2. 中津城
  3. 倉賀野城
  4. 志摩・田城城
  5. 富木城
  6. 鶴ケ岱チャランケ砦跡
  7. 越前・府中城
  8. 有子山城
  9. 清崎城(糸魚川城)
  10. 村上城(本庄城)

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP