富山県

古国府城 (越中国守館・越中国衛跡)

古国府城




古国府城(ふるこくふじょう)は、富山県高岡市伏木古国府にある丘城で、別名は如意城(にょいじょう)とも言います。
北前船が伏木港を利用した海上交通もあり、古くから栄えていたようで、越中国の国庁や国分寺、国守館などが近くにあったとされます。
ただし、瓦の原料となる粘土が採れる場所でもあるため、その遺構は失われており、古国府城に関しても推定地と言う事になります。

古国府城

最初の築城は恐らく古い時代からであったと推測されます。
しかし、古国府城が文献などに出てくるのは、戦国時代からでして、放生津城から越中・守山城に籠城した神保氏張が、拡張工事したとされます。
古国府城跡と考えられる場所には、勝興寺がありますが、1584年(天正12年)に佐々成政が越中一向一揆に寄進し、勝興寺が移転してきたと言う事になります。

勝興寺に至る坂道の途中、伏木気象資料館(旧伏木測候所)がある場所が、越中国守館跡とされます。

越中国守館跡

その国府に746年頃に赴任したと考えられる、大友家持の銅像もありました。

大友家持の銅像

天正5年(1577年)12月23日「上杉家家中名字尽」では、神保安芸守(神保氏張)と勝興寺の名が見受けられます。
天正9年(1581年)4月、越中・木舟城石黒成綱が、越中・安養寺御坊(勝興寺)を焼き討ちしました。
天正11年(1583年)、佐々成政は、越中を平定すると、神保氏張も従っています。
天正12年(1584年)、佐々成政が豊臣秀吉と対立し、前田利家とも争うようになると、越中一向一揆を味方にするため、古国府城跡を勝興寺に寄進し、移設・再建しました。
天正13年(1585年)、富山の役にて佐々成政は降伏し、勝興寺の周辺など越中は、金沢城・前田家の所領になっています。
しかし、幕末まで、勝興寺は前田家から保護されました。
勝興寺の唐門は京都・興正寺から移築した門で、本堂と共に国の重要文化財に指定されています。





古国府城への交通アクセス・行き方ですが、JR氷見線の伏木駅から、350m、徒歩で約5分の距離です。
駐車場は、勝興寺にクルマを止められるようです。

越中・守山城(二上山城) 神保氏張による神保氏の復活
放生津城 神保慶宗と越中守護代家神保氏
北陸の城めぐりにも便利なオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 放生津城
  2. 龍岡城(龍岡五稜郭)
  3. 福井城(結城氏北ノ庄城)
  4. 額田城
  5. 武蔵・寺尾城
  6. 子種石
  7. 越中・白鳥城
  8. 鳥越城
  9. 大岐城
  10. 出羽・稲庭城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP