岐阜県

美濃・曽根城(曾根城) 稲葉氏の本拠地

美濃・曽根城




美濃・曽根城(そね-じょう)は、 岐阜県大垣市曽根町にある平城です。
曽根城(曾根城)は、稲葉一鉄稲葉貞通が城主であり、位置としては大垣城の北方にあたります。
もともとは湿地帯だったようで、現在は曽根城公園として整備されています。
稲葉一鉄が築城したとされ、1588年に郡上八幡城主となったあとは、西尾光教が曽根城(そねじょう)に入りました。

曽根城

関ヶ原の戦いの際、西尾光教は東軍に属した為、西軍の島津義弘の家臣らが、曽根城を銃撃し、城下に火を放つと言う牽制を行いましたが、水野勝成が援軍に駆けつけて撃退しています。
西尾光教はこの功績によって、揖斐陣屋(揖斐城の近く)にて所領安堵となり、1601年、曽根城は廃城となりました。
現在、本丸跡には華渓寺があり、古地図には斎藤利三の住居も記載されています。
その為、娘の春日局も曽根城にて誕生したという説もあります。(丹波・黒井城にて生まれたとする説もある。)
1989年の発掘調査では、石垣や土塁などが発見されていますが、保存のため埋め戻されています。
下記の写真は、本丸手前にある湧水ですが、ちょっと地下のような形になっています。

曽根城の湧水

さて、曽根城の無料駐車場ですが、下記の地図ポイント地点となります。

稲葉一鉄(稲葉良通)とは 稲葉貞通 深芳野も 西美濃三人のひとり
織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?
斎藤道三~権謀術数を駆使し大名になった美濃の蝮
斎藤義龍~斎藤道三の嫡男として斎藤家を率いるも・・
竹中半兵衛 ~豊臣秀吉の天下統一を一緒に夢見た名軍師
斎藤龍興 (斎藤竜興)~美濃・斎藤家を継ぐもその運命は?
斎藤利三~明智光秀の重臣として明智家を支えた勇将
氏家直元(氏家卜全)~西美濃三人衆~美濃国人衆の中で最大の勢力
岐阜城(稲葉山城)は戦国時代ではない今でも賑わっていた
郡上八幡城の訪問記~東常慶と遠藤盛数の争いと郡上八幡城のみどころ
深芳野とは 斎藤道三の側室になった稲葉家の女性
大垣城の歴史と大垣城の戦い~大垣城訪問記
春日局(齋藤福)~江戸城大奥
稲葉一通と多羅の臼杵・法音寺~その系譜は今上天皇まで繋がる・・
関ヶ原観光実用マップ〜関ヶ原の戦い史跡めぐり観光スポット情報





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 花巻城
  2. 源常館
  3. 山田城山
  4. 根小屋城
  5. 栗原城(鷲宮城)
  6. 中津城
  7. 建部山城
  8. 常陸・小田城
  9. 備後・三原城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP