東京都

池上氏館 池上宗仲の屋敷 日蓮上人最後の地

池上氏館




池上氏館(しけがみし-やかた)は、東京都大田区池上2丁目の本門寺にあった城跡です。
標高24mの高台になっており、坂道を登ったところですので、平山城と呼んでよいでしょう。

池上氏は鎌倉時代の豪族で、現在の本門寺のところに、館を構えていたとされます。
その池上一族である池上宗仲の館とされるのが、池上氏館です。





鎌倉幕府の作事奉行・池上左衛門大夫(池上康光とも?)と、印東祐昭の娘との間に生まれた武将が、池上宗仲(いけがみ-むねなか)となります。
池上宗仲は、弟・池上宗長と共に、日蓮の熱心な信徒となったため、1276年と、1277年、2度にわたり、父から勘当されたとあります。
それでも、辞めなかったため、ついには1278年、父・池上左衛門大夫も、入信したと言います。

池上本門寺・経蔵

鎌倉時代の弘安5年(1282年)10月13日、日蓮上人が、多くの門下に見守られて入滅(死亡)しますが、その地は「池上兄弟の館」で入滅したとあります。

日蓮は、胃を痛めていて、数年間苦しんでおり、病気療養のため常陸の温泉(隠井の湯)を目指しました。
隠井の湯(かくいのゆ)は、源義家が発見したと言う鉱泉で、湧かして入浴していたと言い、日蓮の有力信徒・波木井実氏(はきい-さねうじ)の領地でした。
日蓮は、馬で身延山を出て、富士山の北を通って、箱根経由で武蔵国荏原郡(東京都大田区)にある池上兄弟の館に到着しています。
しかし、衰弱がひどく、自身の墓を身延に作るように言い残して、約30日滞在した後、池上氏館にて亡くなったと言う事になります。

新編武蔵国風土記では、「是宗仲(池上宗仲)の館跡にして、実に日蓮入滅の地なり」と紹介されています。

池上本門寺・経蔵

日蓮の死を受けて、池上宗仲は、館を弟子である日澄に差し出し、帰依したことから、本門寺が建立されたと言う事になっています。
そのとおりだとすると、廃城は1282年でして、かなり古くに廃止された館跡となり、目立った遺構は残っていないとされます。
ただし、土塁と思われるような遺構が見受けられるそうですが、それが鎌倉期からあったのかどうかは疑問を感じます。

日蓮の七回忌には、本門寺に御影像が安置されました。
池上氏の館内にあった法華堂が、日蓮示寂の場として寺院化されたと考えられています。

今回、東京ビッグサイトに仕事にクルマで行く途中の、予定外の訪問でしたので、撮影が不十分ですが、池上本門寺五重塔(国指定重要文化財)、池上本門寺宝塔(国指定重要文化財)前田利家室の層塔(大田区文化財)、お万の方の墓所、加藤清正寄進の池上本門寺の石段(大田区文化財)など、見どころもあり、参拝客も多いところでした。
立派なお土産店もあります。





武蔵・池上氏館(本門寺)への交通アクセス・行き方ですが、電車の場合、下記の通りになります。
東急池上線「池上駅」下車徒歩10分
都営浅草線「西馬込駅」南口下車徒歩12分
JR京浜東北線「大森駅」より池上駅行きバス(所要20分)「本門寺前」バス停下車して徒歩5分

車の場合、無料の駐車場を利用でき、トイレも新しくキレイです。
駐車場の入口は、当方のオリジナル地図にて、ポイントしてあります。
地図の検索窓から「池上氏館」と検索して頂けると、すぐに表示されるかと存じますし、スマホでカーナビ代わりにもお使い頂けます。

日蓮 日蓮上人・日蓮聖人とも呼ばれる鎌倉時代の僧
武蔵・奥沢城 東京23区の城跡と常盤姫の伝説
世田谷城 奥州・吉良氏による東京の城跡
馬込城 梶原景時の所領だった東京の城跡
身延山 初めてでも失敗しない攻略法
身延山・久遠寺 スケールが大きく荘厳な日蓮宗の聖地
佐渡・根本寺 日蓮上人にゆかりある霊跡
東京周辺の史跡巡りに便利なオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 平戸城
  2. 脇本城
  3. 出羽・館山城
  4. 美濃・垂井城
  5. 多聞山城(多聞城)
  6. 宇都宮城
  7. 新納院高城(日向・高城)
  8. 興国寺城
  9. 長安寺館

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP