福井県

天筒山城とは もうひとつの金ヶ崎の戦い

天筒山城

天筒山城(てんづつやま-じょう)は、福井県敦賀市にある標高171mの山城で、別名は手筒城・天筒城・手筒山城とも言います。
超有名な、越前・金ヶ崎城とは尾根続きのようになっていて、ハイキングコースとしても人気です。
1336年、金ヶ崎城にて籠城した新田義貞と足利高経(斯波高経)に対抗した、足利勢が天筒山に陣所を置いて、初めて使用されたと推測できます。

戦国時代になり、1570年、織田信長が越前に侵攻した際には、朝倉勢が金ヶ崎城と天筒山城にて防衛ラインを築きました。
朝倉景恒が金ヶ崎城に籠り、隣接している天筒山城には寺田采女正が守備しています。





織田信長は、粟屋勝久若狭・国吉城から敦賀に10万とも言われる大軍にて入りました。
金ヶ崎の戦いでは、森可成の嫡男・森可隆が19歳の若さで討ち死にするなど、織田勢も犠牲を出しましたが、総攻撃から翌日には朝倉勢は城から脱出しています。

天筒山城

織田勢は、疋田城も攻略しました。
ところが、その翌日、越前・金ヶ崎城にいた、織田信長のもとに、近江・小谷城浅井長政が裏切ったとの知らせが届きます。
「是非に及ばず」
金ヶ崎の退き口として、織田信長は朽木谷を抜けて、京へと辛くも逃げることができたのです。
若き日の豊臣秀吉(木下藤吉郎)が殿(しんがり)を務めて、武功を挙げたと言う事になっています。

天筒山城

天筒山城への登城ですが、金ヶ崎公園として整備されており、金ヶ崎城から登って行けますが、アップダウンの激しい尾根道を通ることになります。
ただし、遊歩道は整備されていますので、軽登山の装備までは不要です。
靴だけは最低限、滑りにくい靴など、お願いできますと幸いです。
所要時間は金ヶ崎城の駐車場からで、往復90分~120分といったところです。
城好きと言うよりは、ハイカーさんが多く歩いてますので「こんにちは」と挨拶を交わすことになります。
>堀切、切岸、郭跡などが残る人気のハイキングコースです。

駐車場の場所などは、越前・金ヶ崎城のページにてご確認いただけますと幸いです。

越前・金ヶ崎城「金ヶ崎の戦い」織田信長最大のピンチ?
敦賀城 大谷吉継が整備した若狭の平城
織田信長の撤退戦である金ケ崎退き口・金ケ崎古戦場跡
朽木城(朽木陣屋) 朽木西山城
若狭・国吉城(佐柿国吉城) 粟屋勝久とは
前田利家【詳細版】~槍の又左と武勇を称される
織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?
敦賀・赤レンガ倉庫 国登録有形文化財

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 小丸城 小丸城~府中三人衆である佐々成政の居城
  2. 越前・龍門寺城 越前・龍門寺城~前波吉継や不破光治が城主を務めた平城
  3. 後瀬山城 後瀬山城 武田信豊・武田義統 若狭武田家の滅亡
  4. 福井城(結城氏北ノ庄城) 福井城(結城氏北ノ庄城)~今も昔も福井の拠点となる立派な城構え
  5. 北ノ庄城(北の庄城) 北ノ庄城(北の庄城)~北陸支配の柴田勝家と戦国の美女お市の方の居…
  6. 疋壇城(疋田城) 疋壇城(疋田城) 刀根坂の戦いの7日後に朝倉氏滅亡
  7. 一乗谷 一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華
  8. 新善光寺城 新善光寺城(正覚寺)~越後守護の拠点

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 越中・白鳥城
  2. 肥前・名護屋城
  3. 久下田城
  4. 相木城
  5. 伊勢・津城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP