宮崎県

日向・淡路城 高千穂の城

日向・淡路城




日向・淡路城(あわじ-じょう)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井神殿・城ノ平にある平山城です。
別名は、日向・花見城とも言います。

高千穂高校の裏山付近が本郭のようで、高千穂警察署や武道館の付近まで、広い城だったようです。
高千穂は、大神姓の三田井氏が、鎌倉時代以降、高千穂をずっと支配していました。
戦国時代も三田井氏の領地で、日向・淡路城は三田井氏48塁のひとつにも数えられています。





最初の築城としては、戦国時代の永禄年間(1558年~1570年)に、三田井親武が築いたともありますが、時代も築いた武将も、不明瞭な点が多いです。

三田井惣領家は、高千穂・向山にある日向・仲山城が本拠です。
しかし、総領・三田井右部の嫡男とされる三田井親好(みたい-ちかよし)が、日向・淡路城主であったともあります。
その三田井親好の子である三田井政親(三田井筑前守政親)も、日向・淡路城の城主として見受けられます。

日向・淡路城

いすれれにせよ、1585年、三田井家は島津家に人質を出して臣従しました。

その後、1586年、三田井政利が、戸次川の戦いにて、島津勢の先鋒を務め、十河存保長宗我部信親らを討取りました。
勝利に大きく貢献した三田井政利は、三田井政親(みたい-まさちか)か、三田井親武と同一人物とする説があります。
三田井政親が、三田井親武である可能性もあるかと存じます。

また、三田井氏の重臣としては、日向・中崎城の甲斐宗摂(かい-そうせつ)がいます。





1590年、豊臣秀吉の九州攻めにて、縣城主になった高橋元種が、高千穂を所有しました。
しかし、三田井親武は抵抗した模様で、三田井氏の家老・甲斐宗摂が、延岡城の高橋元種からそそのかされます。
日向・仲山城は落城し、三田井親武と弟・三田井親貞は討死し、日向・淡路城も廃城になった模様です。

おりしも台風の接近もあり、高千穂神社で大雨となってしまったので、日向・淡路城への登城は控えました。

延岡城(懸城) 延岡市をいつまでも見守る石垣も立派な城
日向・松尾城(縣城)~日向の延岡にて勢力を誇った土持氏最後の本拠
西階城~わずか16年しか使われなかった縣土持氏の本拠地
3分でわかる高橋元種~延岡城を築いた初代の延岡藩主
高千穂神社 高千穂神楽(夜神楽)の見学方法【毎晩開催】
九州の史跡探訪用オリジナル地図(カーナビ代わりにも)





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 梶原城(梶原館跡)
  2. 釜蓋城
  3. 上の山城
  4. 倉賀野城
  5. 忍城
  6. 相模・岡崎城
  7. 朝倉山城
  8. 三河・亀山城
  9. 紀伊・佐部城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP