富山県

赤丸城 越中・中山氏の五位庄にある山城

赤丸城




赤丸城(あかまるじょう)は、富山県高岡市福岡町舞谷にある山城で、標高は174m、比高150mほどです。
山頂部の本丸部分は「城ヶ平山」と呼ばれる山になっており、曲輪跡、堀切、土塁、井戸、殿様池と呼ばれる井戸、富山では珍しい畝状竪堀群などが見受けられるようです。

最初の築城は不明ですが、古くは元正天皇・第二皇子の居城とされます。
そのあと「利波臣」の本拠となり、南北朝時代には、その子孫の石黒光景か城主となりました。





石黒氏は後醍醐天皇に従って戦い、1342年には、後醍醐天皇の第八皇子・宗良親王も在城したともあります。
そのとき「赤丸の御旗」、要するに日本国旗を立てたのか、赤丸城と呼ばれる理由・由縁になっているようです。
しかし、鎌倉幕府執権の北条氏に敗れると新川城に去って、その後、北条氏に従っていた中山氏が入った模様です。

長禄年間(1457年~1460年)には、加賀の守護・赤松政則が「城ヶ平」に一時在城したとあります。
戦国時代には、中山次郎兵衛が赤丸城主として見受けられます。
この中山次郎兵衛は、赤丸城から約600m東にある越中・浅井城主である中山国松の弟と言う事ですので、中山氏の領地だったのでしょう。
越中・五位庄と言います。

上杉謙信が越中に侵攻した際には、上杉勢が赤丸城を攻撃しました。

赤丸城

1581年、佐々成政富山城に入ると、中山氏は佐々勢に加わったようですが、能登・末森城の戦いのあと、本家は越前・敦賀へと落ち延びたようです。

1584年、前田利家の前田勢によって赤松城が改良されたようで、虎口などが設けられたと考えられています。
1585年、佐々成政が豊臣秀吉に降伏したあと、ほどなくして廃城になったと推測致します。

中山氏の本拠は、越中・浅井城になりますので、赤丸城は出城と言う役割だったようです。

赤丸城の登城口は、こぶし荘側と、南側の八幡社からの2通りですが、険しいようです。
ただし、比較的登山道は整備されていると言いますが、今回は雨天で足元も悪いため断念しました。





鴨城へ交通アクセス・行き方ですが、最寄駅は、外国人が福岡と間違えて降り立つこともあると言う、あいの風とやま鉄道・福岡駅となります。

鴨城 斯波義将の家臣である二宮円阿の居城





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 帰雲城
  2. 能登・末吉城
  3. 穆佐城
  4. 陸奥・蒲田館
  5. 常陸太田の小野崎城
  6. 伊勢・津城
  7. 紀伊・入山城
  8. 小丸山城
  9. 蓮沼城
  10. 尾張・守山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP