石川県

御舘館 国指定級の良好な遺構が残っている能登の平城

御舘館

スポンサーリンク

御舘館は、石川県羽咋郡宝達志水町御舘にある平城です。
別名は、御館の館、地元の皆様は殿様の館跡と呼んでいます。
御舘館は「おたち-の-やかた」と読みます。

以前、能登には蝦夷(えみし)がいて、アイヌ語の「あご」や「みさき」を意味する「のッ」と言う発音から、能登(のと)と呼ばれるようになったと言う説を目にしたことがあります。


スポンサーリンク

その時は、本当かな?、なんて感じていたのですが、その能登に御舘(おたち)と呼ぶ屋敷跡があると言う事で、蝦夷がいたのだろうと思えるようになりました。
戦国時代など新しい時代では、やかた(館)と呼びますが、能登や富山では、たち(舘)と呼ぶことが多いです。
蝦夷が平安時代まで残っていた東北では、たて・だて(館)と言う事が多いですが・・。
新潟でも御館の乱(おだてのらん)と言うくらいです。

御舘館

まぁ、もっとも、縄文人の多くは蝦夷とも考えられ、稲作を始めた弥生人によって、だんだん、北へと追いやられたものとも推測できますが、古い時代の事なので確証は持てません。

ともあれ、能登の御舘館も、最初の築城や城主などは不明ですが、土塁や空堀が良く残っていて、道路からでもわかります。

御舘館

保存状態も良いみたいで、規模もなかなかなものでして、県指定文化財になっている事がよくわかります。

御舘館

江戸時代に記載された史料では、岡部忠澄(岡部六弥太忠澄)、順徳上皇の館跡ともありますが、裏付けるものはありません。

御舘館

ちなみに、順徳天皇(じゅんとく-てんのう)は、よく知られていますが、後鳥羽天皇の子です。
鎌倉幕府を倒そうとして失敗し、佐渡島へ配流となり、佐渡にて没しており、真野御陵があります。
その、佐渡に行く途中に、この御舘に寄った(宿泊した)と言う事らしいです。
そのため、高貴な人間がいたと言う意味で、御舘と呼ばれるようになったのかも知れません。

御舘館

このあたり、かつての城主や歴史がもっと明らかになれば、国指定になるほどの規模と遺構がある館跡です。

御舘館への交通アクセスですが、JR七尾線の宝達駅からタクシーで10分となります。


スポンサーリンク

駐車場は、御舘会館にある駐車場が利用できるようです。
ただし、城域は私有地ですので、立ち入ることは自粛させて頂きました。

能登・末森城とセットでどうぞ。

能登・末森城 土肥親真 能登の末森城の戦い
順徳天皇火葬塚(真野御陵)【佐渡観光】
能登の観光や城跡訪問にも便利な独自地図


スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP