石川県

長正連館 能登・荒屋城

能登・荒屋城




能登半島の真ん中と言っても良いところに、戦国時代には能登・畠山氏の重臣として活躍した長氏の館跡と詰城があります。
館主は、長氏8代の長正連であり、長正連館跡と呼ばれます。

長正連の父・長盛連は、後醍醐天皇に味方していましたが、1336年、足利尊氏が持明院統天皇を擁立して室町幕府を開くと、北朝に転じました。
その長氏の能登における後継者である長正連が住んだのが、長正連館(ちょうまさつらやかた)と言う事になります。

長正連館

長正連の館とも書きます。
ただし、どこに館があったのか、よくわかっておらず、推定値は現在、水田になっている模様です。

長正連館

その長正連館の北西の山が荒屋城であり、詰城と考えてよいでしょう。

能登・荒屋城

能登・荒屋城(あらや-じょう)は石川県輪島市門前町東大町にある山城で、標高175m、比高100mとなかなか堅固です。

能登・荒屋城

のち、長正連は穴水城へ本拠を移しました。

しかし、このくらいのことしか、わかっておらず、いや~、記載できることが少ないです。

そのため、ちょっと、長氏(ちょう-うじ)に関して記述しておきます。





長氏の祖は、長谷部信連(はせべのぶつら)とされます。
長(ちょう)の姓は、信連の出身地である遠江国長邑にちなむそうです。
または、長谷部の略称にしたのではと言う説もあります。
鎌倉時代には源頼朝の御家人として、能登国大屋荘(石川県輪島市)の地頭になりました。
そして、一族は能登の各地に伸びたと言う事になります。
戦国時代には、第19代当主の長続連、その息子で第20代の長綱連、第21代の長連龍らと続き、江戸時代には加賀藩の前田家にて2番目の重臣として続きました。

穴水城 能登にある長氏の本拠地
能登の観光や城跡訪問にも便利な独自地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 武蔵・奥沢城
  2. 笠間城
  3. 加賀・森城
  4. 八代城(続日本100名城)
  5. 小山田城
  6. 御舘館
  7. 宿蘆寺
  8. 旧鳳来寺街道
  9. 木部北城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP