愛知県

長篠城 武田と徳川が奪い合った激戦地

長篠城

長篠城(ながしのしろ)は、愛知県新城市長篠にある平山城で、標高は60m、比高は30mほどあります。
豊川と宇連川の合流部である切り立った川岸の上に築かれており、別名を末広城、扇城とも言い、国の史跡に指定されています。
2つの川が合流する場所は、突き出ており、その断崖絶壁の上にあるかたちになっています。
要するに天然の要害ですね。

長篠城

しかし、北側は台地で防御が弱かったので、大きな堀などを巡らせていたようです。

長篠城

最初の築城としては、1508年に、今川氏親に臣従した菅沼元成が築城しました。
以後、長篠・菅沼氏の居城となっています。

長篠城

桶狭間の戦いで、織田信長今川義元を破ると、長篠・菅沼氏は徳川家康に服属しています。

長篠城

1571年、武田信玄による三河侵攻が始まると、最初は天野景貫が長篠城を攻めました。

長篠城

この時、双方犠牲は大きかったようですが、陥落しなかったため、その後、武田軍の先遣・秋山虎繁(秋山信友)が、菅沼総領家である田峯菅沼氏を懐柔したため、長篠城主・菅沼正貞も、本家に同調して武田信玄の靡下に入りました。

長篠城

1573年、武田信玄は野田城攻めを行いますが、本国へ撤退する中で死去。

長篠城

それを知った徳川家康は1573年7月末に長篠城を攻撃し、菅沼正貞は8月に開城して退去し、武田信豊の軍に合流。

長篠城

その後、菅沼正貞は徳川家への内応を疑われ、小諸城に幽閉されています。

長篠城

徳川家康は、武田勢の侵攻に備えて、長篠城を拡張工事し、大規模な土塁などを築きました。

長篠城

1575年1月、徳川家に復帰した奥平信昌に500の兵にて長篠城を守らせると、1575年5月、武田勝頼が長篠城奪還のため15000を率いて長篠城を包囲します。

長篠城

そして、長篠の戦い(設楽原の戦い)へと発展しました。

長篠城を分断する飯田線

詳しくは下記の2つをご覧願います。

長篠城の戦い
設楽原の戦い

この時、長篠城は、武田勢が堀を埋めるなどし大きく損壊したことから、奥平信昌は1576年に新城城を築城し、長篠城は廃城となっています。





長篠城へのアクセス

長篠城への行き方は、JR飯田線長篠城駅で下車、徒歩約8分。
車の場合は、下記の地図ポイント地点が無料駐車場のある場所となります
城内に長篠城址史跡保存館があるので、設楽原歴史資料館と合わせて見学したいところです。
見学所要時間は20分~40分といったところになります。

野田城はこちら
おつやの方と秋山虎繁(秋山信友)~織田家に処刑された命運

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
初心者向け
旧国名
三河
著者コメント
高低差はあまりなく、駐車場もあり訪問しやすいです。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 蜂須賀城 蜂須賀城 蜂須賀氏発祥と蜂須賀小六の里
  2. 尾張・小幡城 尾張・小幡城 小牧長久手の戦いでの徳川家康の素早い行動
  3. 尾張・前田城 尾張・前田城 強大な勢力どおしの争いに巻き込まれた尾張前田家
  4. 犬山城 犬山城 日本最古の天守閣は【国宝】犬山城の写真と駐車場情報も
  5. 龍泉寺城(竜泉寺城) 龍泉寺城(竜泉寺城) 短期間しか使われなかった貴重な戦国の城跡
  6. 尾張・守山城 尾張・守山城 織田家と松平家の争い 森山崩れ(守山崩れ)
  7. 清洲城 清洲城 織田信長の居城ここにあり 清須城の詳細情報
  8. 勝幡城 勝幡城 織田家が躍進を遂げる本拠となっていた平城

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 七沢城
  2. 冠山城
  3. 常陸・久慈城
  4. 諏訪・高島城
  5. 花沢館
  6. 越後・勝山城
  7. 筑前・岩屋城
  8. 越後・琵琶島城
  9. 脇本城
  10. 常陸太田の小野崎城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP