和歌山県

紀伊・狼煙山城

紀伊・狼煙山城

紀伊・狼煙山城(のしろやま-じょう)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦にある海に囲まれた急峻な半島にあります。
南紀の那智勝浦の港は、その半島にて遮られた入江になっていますが、この半島の名前は狼煙半島(のろしはんとう)と言います。
その狼煙半島に築かれているのが、紀伊・狼煙山城と言う事になります。

紀伊・狼煙山城

天然の良港でもある勝浦を見下ろすだけでなく、太平洋側の展望も良い場所ですので、船舶の往来を監視するのには、もってこいのところです。

その狼煙半島には、巨大な温泉旅館「ホテル浦島」があり、半島の地下では洞窟温泉も湧出しています。
しかし、狼煙半島は、なかなか急峻な半島と言う事もあり、通じている道路はありません。
ホテル浦島へ行く宿泊客は、那智勝浦港から、専用の「船」で往復することになり、ホテルの従業員も、その船で通勤します。
このように、陸の孤島にあるのが、紀伊・狼煙山城です。

紀伊・狼煙山城

その城跡(砦跡)と思われる高台は、ホテル浦島の私有地になっています。
スペースウォーカーと呼ばれる154mのエスカレーターで、高さ36階と言う標高約80mまで登って行けるようになっています。
散策ができるようになっている「狼煙山遊園」です。
露天風呂には「狼煙の湯」なんていう浴槽もあります。





しかし、紀伊・狼煙山城の実態はまったくをもって不明です。
築城者も最初の築城年も、まったくわかりません。
狼煙と言う言葉が付いている訳ですので、恐らくは戦国時代に使われていたと推測できますが、これも推測に過ぎません。
恐らくは紀伊の勝浦を領有していた紀伊・勝山城の支城として、監視台だったので、狼煙山と呼ばれたのでしょう。

今回、耐震工事の影響などもあって1人での宿泊予約が取れなかったホテル浦島さんには、日帰り入浴で訪問致しました。
しかし、とにかく施設が広いので、その入浴だけでも2時間要しまして、その結果、日も落ちまして、狼煙山城に行く気力がなくなったと言う事で、ご勘弁願います。
駐車場は、港にあるバスターミナル(観光協会)の有料駐車場を利用させて頂きました。

紀伊・勝山城 廊之坊重盛(汐崎重盛)
那智勝浦温泉  ホテル浦島 海辺の洞窟露天風呂「忘帰洞」
熊野三山めぐり 熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
上級者向け
旧国名
紀伊
著者コメント
ホテル浦島の敷地にあります。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 新宮城 新宮城 (続日本100名城) 丹鶴姫の伝説も 訪問情報
  2. 紀伊・周参見城 紀伊・周参見城 安宅氏と血縁関係で生き延びた周参見氏
  3. 堀内新宮城 堀内新宮城(堀内氏屋敷) 新宮の戦国大名・堀内氏善の本拠地
  4. 龍松山城 龍松山城 最後の当主・山本康長は3ヶ月籠城するも・・
  5. 紀伊・佐部城 紀伊・佐部城 佐部の戦いにて椎橋新左衛門が討死
  6. 鵜殿城 鵜殿城 今川家の家臣である鵜殿氏の発祥地
  7. 紀伊・塗屋城 紀伊・塗屋城 豊臣勢が陣をしいた城跡
  8. 紀伊・安宅本城 紀伊・安宅本城 熊野水軍を率いた安宅氏の本拠地?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 蟹江城
  2. 常陸・久慈城
  3. 甲斐・一条氏館
  4. 宮ヶ崎城
  5. 宮崎城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
にほんブログ村 歴史ブログへ
PAGE TOP