茨城県

常陸・馬坂城 佐竹発祥の地 佐竹寺と佐竹氏の由来も

常陸・馬坂城

常陸・馬坂城(まざか-じょう)は、茨城県常陸太田市天神林町にある標高40m、比高35mほどの平山城で、間坂城、佐竹城、天神林城とも呼ばれます。
最初の築城は、平安時代に、秀郷流藤原氏になる天神林正恒(天神林刑部丞正恒)が築いたとされます。
その後、後三年の役の戦功により領地を得た新羅義光(新羅三郎源義光)の孫・源昌義が京より下向すると、長承2年(1133年)に馬坂城を奪って居城としました。
この源昌義が佐竹氏の初代・佐竹昌義とされ、近くには佐竹氏の菩提寺となる佐竹寺があります。





馬坂城の二ノ郭には「源氏塚」と呼ばれる古墳があり、大きな物見台として活用したようです。

佐竹昌義は、勢力を伸ばし、常陸・太田城の小野崎通延を圧迫しました。
そして、その子の佐竹忠義の時には、小野崎通盛小野崎城に退かせて、佐竹氏は常陸・太田城に本拠を移して戦国時代には常陸に覇を唱えます。

その後、常陸・馬坂城は、佐竹氏の一族である稲木氏の居城となりました。

常陸・馬坂城

この稲木氏は久慈郡稲木村が発祥で、佐竹隆義の次男・佐竹義清が稲木次郎(稲木小次郎)と称したのが始まりとされます。
もちろん、諸説あります。

そして、稲木義清・稲木義保・稲木実義・稲木義繁・稲木義信(佐竹義胤の子)・稲木盛義・稲木義武・稲木義信と続きましたが、1417年、山入の乱の際に、稲木義信は宗家を裏切って、山入勢に味方したため滅亡しました。
その後、佐竹氏14代である佐竹義成が、永享年間(1429年~1441年)に天神林城主となっており、天神林義成と称したもようです。

常陸・馬坂城

しかし、天神林義成とその子・天神林義益は「山入一揆」加担して、佐竹家の宗家に反抗しました。

山入義藤・山入氏義によって、佐竹義舜が1490年に常陸・太田城を追われると、天神林義益は常陸・山入城を守備したようです。
ただし、佐竹義舜は1504年に、常陸・太田城を奪還すると、山入氏義は本拠の山入城に逃れるも落城し、天神林義益は討死したようです。
その後、馬坂城は佐竹氏に協力した天神林氏の一族が守って可能性があり、戦国時代の1542年、伊達氏の内紛に佐竹義篤が介入した際、奥州・関山の戦いで天神林義兼が討死したと記録があります。
まぁ、繰り返しますが、この佐竹氏以外も含めまして、諸説あると言う事をご承知おき願います。

佐竹寺

常陸・佐竹寺(さたけ-じ)は、茨城県常陸太田市にある真言宗・豊山派の寺になります。
諸説ありますが、一番古い創建の話としては、807年に徳一大師が開山したとあります。

佐竹寺

985年には、元蜜上人が聖徳太子が彫り込んだとされる、十一面観音像を祀り、ご本尊となりました。

近くの常陸・馬坂城に入った源昌義は、佐竹氏の祖となり、佐竹寺に寺領を寄進し代々の祈願所としました。
なんでも、源昌義が境内にて二十尋に一節しかない奇竹を発見し、出世の前兆と感じ取って「佐竹」と称したのが由来とされています。

なお、最初、佐竹寺は鶴ヶ池の北にある観音山にあったそうですが、戦国時代の1543年に兵火によって焼失したと言います。
そのため、1546年に、18代・佐竹義昭が常陸・太田城の鬼門除けとして現在の地に再建しました。

佐竹寺

関ケ原の戦いのあと、佐竹氏は出羽・久保田城(秋田県)に移封したため、佐竹寺は一時衰退しましたが、水戸藩から寺領17石を安堵されています。

立派な山門(仁王門)は、昭和15年(1940年)に再建されたものとなり、右手前に無料の駐車場がありました。

佐竹寺

現在の本堂は戦国時代に再建された建物で、国の重要文化財に指定されています。
本堂は茅葺き屋根の寄棟造になっており、桁行5間、梁間5間の主屋の周囲に、こけら葺きの裳階をめぐらし、正面中央には唐破風をあげている大変趣深い建物です。

佐竹寺

常陸・馬坂城は、駐車場は近くにないとわかりつつ、現地まで行きましたが、路駐するにも狭い道路で地元の方にご迷惑がかかると考え、そのままあえなく退散致しました。
しかし、麓は古い集落になっており、下記のように大変立派な門構えの民家もございましたので、充分に佐竹氏の雰囲気を満喫できたと存じております。

常陸・馬坂城

交通アクセスとしては、JR水郡線・河合駅から徒歩20分ですが、JR水郡線の常陸太田駅からですと徒歩30分です。
常陸太田駅にある常陸太田市観光案内センターには、電動アシストのレンタサイクル(貸自転車)もありますので、お勧めです。

このあとは額田城に向かいました。

常陸・太田城(舞鶴城) 戦国大名に発展した佐竹氏の本拠地
常陸太田の小野崎城 太田氏の移転先
佐竹義宣 なんとか戦国時代を乗り切った律義者の世渡り
常陸・山方城 山方盛利や佐竹政義の居城
佐竹義昭 なかなか合戦では強かった佐竹氏
額田城 東京ドーム22個分 額田照通の本拠地
茨城県の城跡巡りにも便利な独自地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
常陸
著者コメント
駐車場がない・・




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 真壁城 真壁久幹と真壁氏幹の鬼真壁
  2. 常陸・太田城(舞鶴城) 戦国大名に発展した佐竹氏の本拠地
  3. 常陸・武生城 常陸・武生城 佐竹家が常陸守護になるキッカケとなった堅固や山城
  4. 額田城 額田城 広大な城域は東京ドーム22個分 額田照通の本拠地
  5. 常陸・山方城 常陸・山方城 山方盛利や佐竹政義の居城
  6. 常陸・武田氏館 常陸・武田氏館 甲斐の武田家発祥の地は水戸近くに
  7. 河和田城 河和田城 常陸江戸氏の本拠地として栄える
  8. 宍戸城 常陸・宍戸城 宍戸義綱 宍戸錠さん?にも関連する宍戸氏

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 額田城
  2. 陸奥・堀越城
  3. 大浦城
  4. 与板城
  5. 加納城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP