茨城県

常陸・石塚城 なかなか規模も大きい石塚氏の城

常陸・石塚城

常陸・石塚城(いしづか-じょう)は、茨城県城里町石塚にある標高47m、比高30mの丘城です。
最初の築城は、南北朝時代の1362年に石塚宗義が築いたとされます。
この石塚宗義は、足利尊氏に味方し常陸守護になった佐竹家9代の佐竹義篤の3男になります。
長兄は佐竹義宣ですが、他にも小場義躬、大山義孝、藤井義貫と称し、それぞれ分家した兄弟がいます。





なお、石塚城のすぐ北には、下圷館(しもあくつ-やかた)がありますが、最初に石塚宗義は下圷館に入ったようです。
そのあと石塚城を築くと移って、下圷館には重臣と考えられる桐原氏が住みました。

しかし、石塚城も、この北茨城の他の多くの城同様に、台地の端っこにある丘城と言え、佐竹系の城郭では一般的です。

常陸・石塚城

昔の茂木街道が現在の国道123号で、石塚城の中を抜けて、北側の水田地帯に降りる道路「手這坂」は、昔から使われていました。
厳密に申し上げますと、クルマが通行できる道路とは微妙にズレたところに旧道(人が歩く道)があった模様です。

坂の上(坂を下り始める)ところに、石塚城址の小さな標識があるそうですが、交通量も多く、クルマの運転中に気が付きませんでした。
土橋や空堀跡も、そこから少し入るとあるようで、城域は額田城のように結構広かった模様です。

常陸・石塚城

戦国時代には、石塚城主・石塚義国の娘で、絶世の美女とされる瑠璃姫をめぐり、常陸・大山城主の大山義則と、日立・小場城主の小場義宗が合戦をしており、佐竹義重が仲介しています。
ちなみに、瑠璃姫は、小場義宗(佐竹西家)に嫁いでおり、嫡子・朝日丸を産んでいますが、夭折したようです。
それを、大山義則のせいだと考えたようで、小場義宗は石塚義国と大山城を攻撃する計画を立てるも、察した大山義則は先制して石塚城を包囲したようです。
そこを小場勢が背後から大山勢に襲い掛かるなどしたようですが、これを佐竹義重が仲介して和睦させたと言う事になります。





年代は諸説ありますが、石塚義国が養父・石塚義慶のあとを継ぐと1591年~1595年頃に、佐竹義重の命にて石塚城から常陸・片野城に移動しています。
その後、佐竹東家で常陸・山方城主である東義久(佐竹義久)・東義賢の親子が石塚城主となりました。
常陸・戸村城から寄りましたが、他にも近くには、高久景有の高久館などがあります。

戸村城 戸村義国が生まれた戸村氏の居城
小場城 戦国期に佐竹氏を支えた小場義成の居城
額田城 東京ドーム22個分 額田照通の本拠地

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
評価ポイント
1.5 based on 3 votes
攻略難易度
中級者向け
旧国名
常陸
著者コメント
見学は慎重に。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 宮ヶ崎城 宮ヶ崎城(天王城・宮崎城) 宮崎幹親(宮ヶ崎幹顕)の本拠地
  2. 常陸・武生城 常陸・武生城 佐竹家が常陸守護になるキッカケとなった堅固や山城
  3. 河和田城 河和田城 常陸江戸氏の本拠地として栄える
  4. 常陸・武田氏館 常陸・武田氏館 甲斐の武田家発祥の地は水戸近くに
  5. 多気山城(多気城) 多気山城(多気城)と多気義幹~筑波の北条にある関東七名城
  6. 志筑城 志筑城 下河辺政義 廃城となるも志筑陣屋として復活
  7. 谷貝峰城 谷貝峰城 土塁も残る典型的な茨城の小さな城跡
  8. 額田城 額田城 広大な城域は東京ドーム22個分 額田照通の本拠地
PAGE TOP