京都府

余部城(丹波・丸岡城) 明智勢攻略の城も天守があったか?

余部城(丹波・丸岡城)

余部城(あまるべ-じょう)は、京都府亀山市にある比高10m程の丘城です。
丹波・丸岡城と言う名称でもよく使われますので、両方の名称で覚えておく必要があります。
築城年代はよくわかっていませんが、応仁・文明の乱の頃(1467年頃)には、中沢正綱(中沢因幡守正綱)が丹波・丸岡城主でした。
亀山の中澤氏と言うと、国道423号沿い、別院庄町の笑路城主や、神尾山主として知られますので、その一族だと推測致します。

のち、戦国時代には、城主として福井貞正が見受けられます、この福井氏に関しては鎌倉公方・足利氏満の4男である福井満貞の子孫とする説もあるようです。
やがて、八上城の波多野氏が丹波を支配下に置くと、余部城主の福井貞政(福井因幡守貞政)は波多野氏に従っています。





黒井城主・赤井直正(荻野直正)が但馬守護である山名祐豊との抗争に勝利し、竹田城を攻略するなどして織田家に背いたため、1575年6月、織田信長は丹波・丹後の平定を明智光秀に命じます。

明智光秀は丹波へ出陣すると、まずは、丹波・黒井城で籠城する赤井直正を包囲しました。
この時、丹波の国人衆らは明智勢に従っていましたが、1576年1月、八上城主・波多野秀治が寝返り、背後から明智勢を襲撃しため、明智光秀は敗走しています。

そのため、今度は、細川藤孝の軍勢が加わり、1577年10月、再び、明智光秀は亀山に進軍しました。
このとき、籠城している丹波・丸岡城に使者を送り、降伏を促しました。

丹波・丸岡城

しかし、福井貞政(福井因幡守貞政)は、名を後世に残すのが武門の道とし、使者の髻を切り腰刀を取り上げて、追い返したと言います。
そのため、明智光秀は丹波・丸岡城への攻撃を開始して、何度か攻めた後、ついに、天正6年6月3日、宇津根・雑水川・安行山の三方向から城の塀を破って攻め込みました。

余部城の福井与市ら五十余人が本丸の門外で討死し、福井貞政も本丸にあった持仏堂にて自害し、300名の郎党は丸岡城と運命を共にしました。

そのあと、明智光秀は丹波・八上城も攻め落として、丹波を統一し、荒塚山に丹波・亀山城(丹波・亀岡城)や福知山城の築城を開始します。





現在でも余部城(丹波・丸岡城)の付近には「古城」「古城浦」「政所」などの地名が残ります。
西岸寺(さいがんじ)がある場所が本丸とされています。
ただし、明智光秀が山崎の戦いで敗れた後も、丹波・丸岡城は使われていたようで、江戸時代の1654年に、旧余部城の天守や土蔵を取り壊したとの記述もありますので、原初的な天守もあったようです。

交通アクセス・行き方ですが、JR亀岡駅より徒歩約15分となります。
古い町並みで、狭い道が多く、駐車場はありません。

ちなみに、丸岡城と言うと、通常は、越前・丸岡城を連想すると存じますので、丹波・丸岡城と明記させて頂いております。

黒井城 赤井直正(萩野直正)の戦国と春日局の誕生地
丹波・八上城 波多野稙通(波多野元清)
明智秀満 本能寺の変を明智光秀が最初に相談した重臣
斎藤利三~明智光秀の重臣として明智家を支えた勇将
福知山城のみどころ 塩見頼勝・小野木重勝も
明智光秀と本能寺の変はこちら

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
丹波
著者コメント
駐車場が無いので難航不落です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 丹後・中山城 丹後・中山城 沼田清延(沼田延元)と女武将・沼田麝香も
  2. 上宮津城 上宮津城 盛林寺にある明智光秀の首塚も
  3. 福知山城 福知山城のみどころ 塩見頼勝・小野木重勝も(続日本100名城)
  4. 丹後・八幡山城 丹後・八幡山城 細川氏が入った最初の本拠地
  5. 丹後・下岡城 丹後・下岡城 一色氏滅亡の影で犠牲となった家臣たち
  6. 丹波・山家城 丹波・山家城(山家陣屋) 和久義国や谷衛友
  7. 丹後・石川城 丹後・石川城 石川五右衛門ゆかりの地か?
  8. 弓木城 弓木城 一色義定や一色義清の最後と鉄砲の名手である稲富祐直

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 沼田竜替
  2. 日向・飯野城
  3. 高鍋城(財部城)
  4. 桑名城
  5. 畠山重忠の墓

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
にほんブログ村 歴史ブログへ
PAGE TOP