新潟県

新津城 新津勝資・上杉二十五将のひとり

新津城

新津城(にいつじょう)は、新潟県新潟市秋葉区にある平城です。
最初の築城は不明ですが、新津氏によって築かれたとされています。
新津氏は清和源氏・新羅三郎義光の庶流で、平賀有義(源盛義)の子・金津資義(すけよし)が、蒲原郡金津保の地頭職となり、金津小次郎と称します。
この金津城主・金津有義の二男・金津資直が金津氏を継いで金津城主となり、三男・金津信資は、新津信資(新津越前守三郎信資)と称して新津氏の祖となり分流しました。

なお、新津氏は越後・城氏に従っていたようです。

戦国時代には、永正3年(1506年)に、新津越前守と言う武将が越後守護代・長尾為景に服属して以降、長尾家(上杉家)に従いました。

慶長3年(1598年)上杉景勝が会津へ転封となった際に、新津勝資がついて行っています。





新津勝資

新津勝資(にいつ-かつすけ)は、新津勝邦の婿養子となった武将で、実父は越後・三条城主の山吉政久(山吉豊守の父)となります。

敬神崇仏の念が篤(あつ)く、祖先が金津の地に奉祀(ほうし)した、掘出神社を新津の町に移しています。
また、朝日の普談寺観音堂の再建では願主となり、菩提寺である正法寺を大鹿から新津に移転させるなどしました。
また、一之堰の創始者には特典を与え、民生の安定を図るなど内政にも尽力しています。

第4次川中島の戦いでは、揚北衆と共に参陣し、遊軍として活躍しました。
上杉景勝の代では、新発田重家の乱、小田原攻め、文禄・慶長の役など、ほぼ全ての合戦に参じて、その勇猛な戦いぶりから上杉二十五将にも入っています。

文禄2年(1593年)、婿養子・新津秀祐に家督を譲り、新津丹波守勝資は、慶長5年(1600年)8月に会津にて死去しました。
新津秀祐は二本松城主となった安田能元の同心衆として2000石となっていました。
子孫は米沢上杉氏の家臣(500石)として代々続いています。





ただし、第24代・新津続宗は、幕末にが米沢藩兵として、新津の土を踏みましたが長岡で戦死しています。

さて、新津城ですが、遺構は消滅していて、新津自動車学校の西側にある道路沿いに「新津城跡」の碑が建てられているに留まります。
越後・新津城の南東にある東島城が詰城として機能していたと考えます。

安田能元 和歌も嗜む文武両道の上杉家奉行
新発田城 半分残念だけど素晴らしい日本100名城
越後・安田城(阿賀野市) 安田実秀と安田長秀
越後・三条城(三条島之城) 城跡はどこなのか?
当方オリジナルの日本全国お城マップ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
越後
著者コメント
遺構はありません。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 村上城(本庄城) 村上城(本庄城) ただならぬ立派な山城である続日本100名城
  2. 越後・松代城 越後・松代城 模擬天守もある三国街道抑えの山城
  3. 越後・平林城 越後・平林城 見事な居住部遺構 色部勝長と色部長実など
  4. 根知城 根知城 村上義清終焉の地 糸魚川の山城
  5. 大葉沢城 大葉沢城 鮎川清長と鮎川盛長は畝状竪堀で防御
  6. 越後・鳥坂城(胎内市) 越後・鳥坂城(胎内市) 上杉家筆頭家老「中条藤資や中条景泰」の本…
  7. 越後・高田城 越後・高田城(続日本100名城) 松平忠輝の築城いきさつ
  8. 佐渡・青木城 佐渡・青木城 水堀などが残る青木殿の城跡
PAGE TOP