愛知県

尾張・丹羽長秀邸(丹羽長秀屋敷) 旧志水家玄関車寄せ

丹羽長秀邸(丹羽長秀屋敷)

丹羽長秀邸は、織田信長の重臣として名高い、丹羽長秀の屋敷があった場所となります。

表現上は「屋敷跡」と言うことになりますので、居館と言うことになります。
しかし、他の居館跡によっては、丹羽長秀城跡と言うように「城跡」として表現する場合もあります。
よって、この丹羽長秀邸跡は、控えめに城や館とは称していませんが、当サイトでは分類として、武将が住んでいた場所、すなわち「城」としてご紹介させて頂きます。





清洲城主・織田信長の重臣であった丹羽長秀の領地だったことには間違いないでしょう。
丹羽五郎左衛門の生誕地とされる場所です。
丹羽長秀は尾張国守護である斯波氏の家臣・丹羽長政の次男として、1535年に生まれました。

丹羽長秀邸(丹羽長秀屋敷)

丹羽長秀屋敷跡の付近は、道の狭さも昔のままでして、近くには下記のような有形文化財もあります。
江戸時代の建物で、旧志水家玄関車寄せと言います。

旧志水家玄関車寄せ

もともと名古屋城の三の丸にあった、尾張藩家老・志水甲斐守屋敷の玄関車寄せ部の建築物を譲り受けて移築したものとなります。
撮影までは控えましたが、表札には「丹羽」と出ている家も存在していました。

1582年、武田勝頼が滅亡したあと、丹羽長秀は草津温泉に行って湯治もしている武将です。

柴田勝家が、羽柴秀吉に敗れたあと、丹羽長秀は北ノ庄城を与えられました。
このとき、丹羽長秀の城も廃城となったか、次第に使われなくなった模様です。

白山神社の参道入口を少し南に行った角地に丹羽長秀邸址の碑があります。
丹羽長秀邸址の住所は下記の通りになります。
名古屋市西区児玉3丁目13-40
駐車場などはないので、付近にある100円パーキングなどを利用となります。





名古屋駅から名古屋市営バスですと11番系統に乗車して、康生通り4丁目バス停下車の徒歩5分となります。
名古屋市営地下鉄の鶴舞線「浄心駅」からは、徒歩13分くらいです。

地図などは当方のオリジナル中部地図をご活用賜りますと幸いです。

丹羽長秀~織田信長と豊臣秀吉から厚い信頼を受けた重臣
清洲城 織田信長の居城ここにあり・清須城
名古屋城 見どころ満載でかいぞ名古屋城の魅力と歴史
「尾張・美濃」にある戦国史跡跡オリジナル地図(Googleマップ)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
初心者向け
旧国名
尾張
著者コメント
遺構はなにも残っていませんが石碑があります。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 蟹江城 蟹江城 豊臣秀吉と徳川家康のターニングポイントとなった蟹江城の戦…
  2. 三河・吉田城 三河・吉田城 今川と徳川の激しい攻防があった続日本100名城
  3. 三河・野田城 三河・野田城はこんなところ 武田信玄と野田城の戦い
  4. 龍泉寺城(竜泉寺城) 龍泉寺城(竜泉寺城) 短期間しか使われなかった貴重な戦国の城跡
  5. 猪子石城 猪子石城 ここにも小牧長久手の戦いに関与した名古屋の城が
  6. 三河・亀山城 三河・亀山城(作手城) よく整備されている平山城
  7. 清洲城 清洲城 織田信長の居城ここにあり 清須城の詳細情報
  8. 尾張・守山城 尾張・守山城 織田家と松平家の争いと森山崩れ(守山崩れ)

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 阿尾城
  2. 大洲城
  3. 大和・郡山城
  4. 此隅山城
  5. 桂ヶ岡砦跡
  6. 武蔵・奥沢城
  7. 海ノ口城
  8. 篠山城
  9. 岩尾城
  10. 近江・真野城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP