長野県

荒砥城 山城として復元されロケ地でも有名な史跡公園

荒砥城




荒砥城(あらとじょう)は、長野県千曲市の上山田温泉の背後にある山城で、別名は新砥城とも書きます。

戸倉上山田温泉街の「城山入口」交差点から、山の上へと、大変急な坂を登って行きます。
クルマやタクシーで上がって行けます。
ただし、温泉の宿泊客が、山道を散策しているので、注意して走行してください。
それにしても、スゴイ急坂なので、凍結したり雪が降ったら登坂は困難ですので、冬季は避けると良いかも知れません。
でも、荒砥城を見るのはそれだけの価値がありますので、是非、お勧めしたいです。

荒砥城

千曲市の公式サイト「城山史跡公園 荒砥城跡

荒砥城は連郭式山城で、千曲川を見下ろす標高590mに本郭があります。
城山史跡公園への入場は有料で、高校生以上は300円、中学生までは無料です。トイレもありますが、無料駐車場は10台ほどです。

最下部の地図のポイント地点は、駐車場への入口付近です。
駐車場から緩やかな上り坂の歩道をあがっていくと、管理棟があり、入場料を支払います。また、トイレは管理棟の付近にあります。
門をくぐって、更に登っていく必要があるので、足腰が弱っている高齢者はキツイかも知れません。
でも、頂上部に行くと、眼下に千曲川を見下ろす、素晴らしい展望が待っています。

荒砥城

上記の写真のように、戦国時代の山城の雰囲気が良い感じで復元されています。

荒砥城

村上義清の本拠地である葛尾城も、千曲川の対岸にあり、支城として役割を果たしました。
天文22年(1553年)に、武田信玄が葛尾城が落とすと、屋代城主・屋代政国に荒砥城が与えられています。





天正10年(1582年)、武田勝頼が討死して武田家が滅亡すると、屋代秀正は上杉景勝に従って、海津城の副将となりました。
しかし、天正12年(1584年)4月1日、屋代秀正は徳川家康に内通したため、上杉景勝は荒砥城を攻めたため、屋代秀正は城を捨てています。
その後、真田幸村(真田信繁)が、春日山城にて上杉景勝の人質となっていた際に、領地として与えられたともあります。

荒砥城からの展望
 
対岸には、村上義清の本拠地だった「葛尾城」も見えます。
なお、荒砥城は NHK大河ドラマの撮影ロケ地として「風林火山」と「江~姫たちの戦国~」で撮影も行われました。

さて、荒砥城への交通アクセスですが、山の上ですので、クルマでないときついものの無料駐車場が完備されていますので、訪問しやすいです。
ただし、徒歩では、かなりキツイですので、行きだけでもタクシーがおすすめです。





なお、駐車場から、本丸部分までも、結構な上り坂を歩きます。
舗装整備されていますので、歩きやすいのですが、ご高齢な方などは、かなりキツイと存じます。

観光所要時間は駐車場からで40分~60分といったところです。
上田城や海津城(松代城)とセットでどうぞ。

この情報は当方の国内旅行情報より再編集したものとなります。

山田右近尉~北信濃の武将と真田家の関係
村上義清~北信の雄・葛尾城主【村上義清居館跡など】
真田昌幸~戦国時代を巧みに生き抜き真田家を守った名将
日本のお城訪問に便利なオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 小諸城
  2. 佐土原城
  3. 下野・藤沢城(鍋山城)
  4. 猿掛城
  5. 伊賀・阿保城
  6. 甲斐・椿城(甲斐・上野城)
  7. 御嵩城
  8. 岩村城
  9. 常陸・北条城(北条館)
  10. 新津城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP