埼玉県

武蔵・比企氏館(比企能員館)の解説~東松山にある比企能員の本拠地推定地

武蔵・比企氏館




武蔵・比企氏館(比企能員館)とは

武蔵・比企氏館(比企能員館)は、埼玉県東松山市大谷にある平城(館跡)です。
比企尼の夫・比企掃部允は、ココより西にある、三門館に住んだと考えられているようですので、東松山の比企氏館は、比企能員が建てたと言う話になっています。
近くにある宗悟寺が、若狭局ゆかりの寺になりますが、戦国時代の1592年に、森川氏俊が、比丘尼山の麓から、移転したそうでして、下記の扇谷(おおぎやつ)にある宗悟寺さんが館跡と言う事ではなさそうです。

宗悟寺

そのため、比企氏の屋敷は、近所にあったと想定されますが、正確な場所は、わかっていません。
ともあれ「埼玉県史」や「埼玉の神社誌」によって、比企氏館の推定地とされる場所がありますので、行ってみました。

近くに「城ケ谷」(じょうがやつ)と呼ばれる箇所があり、比企氏館(比企能員館)と推測されている模様です。
そんなに高くはないのですが、両側に丘があり、少し、谷沿いの地形になっているようです。





車道は、完全に1.0車線でして、普通車がようやく走行できる道路で、すれ違うことができる路肩や、Uターンする場所がなかなか無く、運転には苦労致しました。
そして、比企氏館(比企能員館)の推定地とされる場所には、現在、発電のソーラーパネルがいっぱい広がっていました。
そのため、地形なども変更されているようでして、屋敷があったのか?、全く確認することもできません。
自分の背丈より高さがある、太陽光発電の設備ですので、周りの景色も、よくわからず、雰囲気も不明でした。

武蔵・比企氏館(比企能員館)

感覚的には、谷と言う感じがしません。
確かに、両側は、若干、高さがあるようですが、両側が、少し高い土塁程度の高さになっている土地です。(土塁になっているという事ではなく、イメージとして)
目で見て、丘に囲まれているとは感じられない、低い台地の上と言う感じです。
もちろん、推定地・伝承であるため、ココに屋敷があったと保証されている訳でもありません。
ひょっとしたら、比企朝宗の屋敷があったのでは?とも、考えてしまいます。





比企能員の娘・若狭局が、鎌倉から逃れてきて過ごしたとされる、若狭局隠棲址や、串引沼もあるようですが、とにかく道路が狭いです。
地元で農作業などなさっている、軽トラなど、住民の皆様の迷惑にもなると考え、これ以上、グルグルと探し回るのは、断念しました。

地名が大谷になっていますが、高い山に囲まれた谷と言う事ではなく、この付近は、谷間がいくつもありますが、それぞれの土地が大きい(広い)と言う事になるかと存じます。
すなわち、馬の飼育に向いている場所の、少し高い台地に屋敷があったと言う事でしょう。
立地的には、宗悟寺がある場所のほうが、館跡にふさわしいのですが、わざわざ、比企氏館(比企能員館)の推定地がありますので、宗悟寺は、館跡ではないと、信じたいところです。





比企能員と家族は、ほとんど、鎌倉・比企ヶ谷の比企氏館に住んでいたと考えますので、東松山の屋敷は代官所みたいな役割だったと存じます。
1182年に、北条政子源頼家を出産したのも、鎌倉の比企氏館となります。
比企能員の妻(名前不明)も、源頼家の乳母を務めています。
また、比企能員の娘・若狭局は、源頼家の嫡男・一幡と、竹御所を産みました。

なお、川島町に比企館がありますが、川島の比企館跡は、鎌倉時代より後年、生き残った比企氏の館となります。
川島町も古くは比企郡の一部です。
戦国時代に、故郷の比企郡に戻った比企政員が、扇谷・上田憲定岩槻城太田資正に仕えました。
そして、北条氏康に臣従すると、武蔵・松山城の松山衆に組み込まれています。
江戸時代になると、比企則員は結城秀康に仕えました。

交通アクセス

武蔵・比企氏館(比企能員館)への行き方・交通アクセスは下記の通りです。
東武東上線・東松山駅から、東松山市循環バス「大谷コース」に乗車(100円)して、所要21分、大谷交差点バス停下車して、徒歩約15分です。
目印としては、東松山霊園を目指して歩いて行き、その先にあると言う感じです。
コミニティーバスのため、運転日・時刻表も、変わりやすく、運転本数も少ないので「東松山バス」と検索して、最新情報をご確認願います。
タクシーだと約6km、15分くらいです。





駐車場はありませんので、クルマを止める場合には、宗悟寺さんの無料駐車場拝借になり、のどかなところを、ちょっと歩きますが、距離700m、徒歩10分です。
駐車場の場所は、当方のオリジナル地図にてポイントしておりますが、道路狭いのでご注意を。
まぁ、遺構は、何もないので、残念ですが、ご紹介させて頂きました。
もちろん、宗悟寺と、セットでどうぞ。

(参考) 埼玉苗字辞典

謎の【比企能員】出自・出身を探る~安房国出身の三浦一族なのか?
比企尼(ひきのあま)~わかりやすい解説【鎌倉殿の13人】源頼朝の乳母
比企能員(ひき-よしかず)の解説 北条氏にハメられた?【比企能員の変】
比企能員の妻~鎌倉殿の13人で堀内敬子さんが演じられる「道」(みち)と言う女性とは?
比企朝宗の解説【鎌倉殿の13人】比企一族で姫の前の父
比企尼の謎の出自や出身を調査~大中臣倫兼の長女か?
比企能員の娘【若狭局】(讃岐局)~次期将軍・源一幡の母
比企掃部允の解説~謎の出自に迫ってみると阿波・佐藤氏(藤原氏)出身か?
鎌倉・妙本寺(みょうほんじ)の解説~一幡の袖塚・比企一族供養塔・竹御所の墓・蛇苦止堂【鎌倉・比企氏館】
宗悟寺の解説【比丘尼山】比企氏の本拠地にある森川氏俊の菩提寺
史跡めぐりにも便利なオリジナル関東地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 疋壇城(疋田城)
  2. 松戸城
  3. 宇和島城
  4. 栃尾城
  5. 若神子城
  6. 唐川城
  7. 鞆城
  8. 紀伊・田辺城
  9. 持舟城
  10. 墨俣城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP