広島県

備後・岡島城 因島村上海賊の城

備後・岡島城




備後・岡島城は、 広島県尾道市向島町富浜 (向島) にある、標高26.4mの平山城・海城で、別名は歌島城とも言うようです。
最初の築城は不明ですが、戦国時代の弘治年間(1555年〜1558年)に、因島・村上氏の村上吉充が築かれた伝わります。
これは、1555年、厳島の戦いにて、村上吉充が、末長景道を派遣して、毛利元就に味方した功績により、向島と宇賀島を与えられたものです。

向島は、尾道の南にある大きな島ですが、この宇賀島と言うのは、備後・岡島城の事で、当時は陸続きではなく「小さな島」だったと考えられます。
そのため、宇賀島城と呼んでも良いでしょう。
そして、村上水軍は岡島城でも、尾道水道を通過する船から、警固料(礼銭)を徴収していたと言う事になります。





その後、因島村上氏は備後・長崎城から、向島の南にある余崎城へと本拠を移します。
更に、1567年には、村上尚吉・村上吉充らは、備後・青木城を築いて因島に戻りました。
この時、備後・岡島城には、備後・長崎城から村上吉之(村上備前守吉之)が移ったようです。

尾道では、いくつか渡し船がありますが、備後・岡島城の東側は、福本渡船による「渡し船」が出航しており、尾道の道(土堂)~向島(小歌島)間で、毎日運行されていると言う、今でも交通の要所と言えます。
普通自動車でも片道100円くらいで、乗船でき、乗客が来たら出航すると言うスタイルですので、ぜひ、お試しください。

村上吉充とは~因島村上水軍を率い厳島の戦いを勝利に導いた武将
因島水軍城 金蓮寺にある村上海賊の墓
厳島の戦い~戦国時代の三大奇襲戦と宮島の宮尾城と勝山城
小早川隆景【詳細版】~毛利家大きく支えた智将
大山祇神社(大三島)~国宝と国の重要文化財指定の「甲冑」の4割がココに
千光寺山城~古城と観光名所の千光寺と両方を楽しむ尾道の楽しみ方
丹花城【尾道の城】持倉則秀・持倉則保





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 江戸城
  2. 水口城
  3. 北条幻庵屋敷
  4. 下総・飯野城
  5. 成瀬城
  6. 葛山かくれ城(葛山古城)
  7. 明智長山城(美濃・明智城)
  8. 新津城
  9. 増山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP