島根県

神西城の解説 尼子党に加わった神西元通の最後

神西城




神西城 (じんざいじょう)は、島根県出雲市東神西町にある山城で、別名は出雲・竹生城、出雲・高倉城と言います。
正式名称は、龍王山竹生城になるようです。
那売佐神社のすぐ北にある標高101mの高倉山にあり、比高は90mほどで、登城路も整備されているようです。
最初の築城は不明ですが、武蔵七党の小野氏を祖とする小野高通が、鎌倉時代の1223年に地頭職に任ぜられ、出雲国神門郡の神西に下向したとあります。
出雲国神門郡の西部にあたるところから、この地は「神西」と呼ばれたようです。
神西氏の祖である小野高通に関しては、武蔵七党が出自ではありますが、系譜が明確ではないため、横山党、猪俣党など、細かな系統は不明です。
後鳥羽上皇による承久の変で武功でも挙げたのでしょうか?
執権・北条義時より領地を与えられ、神西に下向した小野高通は、貞応三年に鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請しました。
また、菩提寺の十楽寺(じゅうらくじ)も、小野高通が鎌倉にあった常楽寺を移転させたとあり、神西家十二代の合祀塔があるようです。





出雲守護・佐々木京極氏が衰退し、出雲守護代の尼子氏が台頭すると、約350年間勢力を張っていた神西城の神西氏も従ったようで、尼子十旗の城となりました。

しかし、神西元通 (じんざい-もとみち)は、1563年に、毛利元就に寝返りました。
1560年、尼子晴久が急死すると、毛利元就の攻勢により、尼子義久は家中をまとめられず、尼子十旗の本城常光・三沢為清・三刀屋久扶・赤穴久清・湯原春綱などが、毛利家に寝返ります。
石見銀山を抑える石見・山吹城の本城常光が寝返ったのは大きく、出雲・高瀬城米原綱寛も、1562年に毛利氏へ下っていました。
ただし、その本城常光が毛利勢によって謀殺されると、神西元通は、尼子氏に帰順し、月山富田城の籠城にも加わり、大手門で奮戦しました。
1566年に、月山富田城が落城して、尼子氏が滅亡すると、神西元通は、再び、毛利家に従いましたが、本領安堵は得られず、伯耆・末吉城に移っています。
その伯耆・末吉城には、毛利家の目付役として中原就久(中原善左衛門)と小寺元武(小寺佐渡守)が在城とあるので、信頼もされていなかったようです。

神西城

1569年(永禄12年)、山中幸盛(山中鹿之助)が、尼子勝久を擁立して尼子再興軍を起こします。
その後、山中幸盛から僧が派遣されると、神西元通(神西三郎左衛門)は尼子再興軍に加わることを決心しました。
1571年6月、伯耆・末吉城にて碁の強豪である林阿弥を招いた碁会を催します。
この時、毛利家目付役の中原就久を暗殺しました。(暗殺した時期などは諸説あり)
そのため、2ヶ月後、毛利勢の攻撃を受けて、末吉城での戦いとなり、敗れた神西元通は、山中幸盛と共に京へと逃れています。

神西城

京に逃れた尼子一党は織田信長を頼り、羽柴秀吉の配下となります。
そして、1577年、羽柴秀吉の毛利攻めの先鋒となって、毛利との最前線である播磨・上月城に入りました。
これに対して、毛利勢は6万のたいぐんで上月城を包囲したため、籠城戦となります。
羽柴秀吉も旧援軍を派遣して、上月城の隣りの高倉山に陣を張りましたが、兵力に劣る羽柴秀吉は上月城への補給もできず、別所長治の三木城攻めへと転進しました。

救援の望みを絶たれた尼子再興軍は、尼子一族の自害と引き換えに城兵を助命し、上月城を開城することになった。
この時、神西元通(神西三郎左衛門元通)も、主君・尼子勝久と共に自刃したようで、神西元通の供養塔が、今でも、上月城に残っています。
神西元通は、上月城の本丸先端部にて、毛利軍に見えるように腹を十文字に掻き切って60余年の生涯を終えたと言います。
一説では、尼子勝久と一族の助命を願って、毛利勢からの返答が来る前に、進んで自刃したとも言われています。





神西元通の子と推測される神西又三郎は、小早川隆景に仕え、神西景通と称しました。
小早川隆景の死後は毛利家に仕えて、文禄・慶長の役にも従軍し、神西景通は慶長15年(1610年)に没しています。

神西城への交通アクセス・行き方ですが、那売佐神社(なめさ-じんじゃ)の入口に5台ほどの駐車スペースがあり、本丸まで約10分と、一番近いようです。

神西城

電車の場合、JR山陰本線・出雲神西駅から十楽寺の登城口を経由して、山頂本丸まで徒歩約30分との事です。

尼子勝久の歴史解説
山中鹿之助 (山中鹿助、山中幸盛)~尼子家再興に忠義を尽くした名将
出雲・鶴ヶ城 (田儀城) 小野玄蕃守(古荘玄蕃守)の居城
出雲・高瀬城【尼子十旗】米原綱寛
満願寺城の解説 湯原春綱の武勇
山陰地方の史跡・城跡・観光名所へのカーナビにも便利な地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 棚木城
  2. 三星城
  3. 相模・岡崎城
  4. 新納院高城(日向・高城)
  5. 日向・高岡城(天ヶ城)
  6. 江曽島城
  7. 赤尾津城(天鷺城)
  8. 志村城
  9. 花崎城
  10. 丸亀城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP