神奈川県

淵辺義博居館(淵野辺城)の解説

淵辺義博居館




淵辺義博居館跡は、神奈川県相模原市中央区淵野辺本町にある平城(屋敷跡)です。
新編相模国風土記稿によると「村の北にあり、広さ三町、馬場蹟等今尚残れリ、又第六天の祠あり」と記されています。
平安時代末期、この付近は、八王子の横山党の領地だったようで、その一族と推定される矢部氏が、隣町に矢部城を構えました
その矢部氏(野辺氏)の庶流が、淵辺氏と考えられます。

南北朝時代の淵辺義博(ふちべ-よしひろ)に関しては、戦国武将列サイトのほうで触れていますので、割愛させて頂きます。
城跡・館跡としての見どころや遺構は何もなく、ただ、石碑があるのみとなります。
しかし、南北朝時代の一大事件で、重要な役割を担った、淵辺義博の館跡ですので、史跡としては大変貴重と言えるでしょう。





境川より若干高くなる場所になる、旧淵野辺城跡「淵辺伊賀守之碑」は、行き止まりのような道路を進み、フェンスがある水道施設の脇の私有地(アパートの裏手)側にあります。
私有地になりますが、特に見学は制限されていないようです。
ただし、騒がない・違法駐車しないなど、生活されているご近所の皆様に、迷惑をかけないよう、ご配慮賜りますと幸いです。
石碑の隣にある水道施設の土地が、渕野辺氏の館跡という伝承になっているようです。

淵辺義博館跡への行き方・交通アクセスですが、JR横浜線の淵野辺駅北口」から、境川方面に歩いて、約1.4km、徒歩20分といったところです。
駐車場はありませんので、もし、車を止めるとしたら、ノジマ忠生店など、大型スーパーで買い物がてらが、良いかも知れません。
あとは、近くにある「宝珍」さんと言う中華料理店の東側、水道施設の脇の道路が、駐車禁止になっていない可能性があります。

お車の場合、小山田城にも、足を運んではいかがでしょうか?

淵辺義博 淵辺義博居館 淵野辺の地名~西郷隆盛の護衛隊長・淵辺群平も
矢部氏館(矢部城) 相模原 矢部義兼(矢部良兼)とは
後醍醐天皇の負けず嫌いな執念と室町幕府や南北朝時代になった背景
雛鶴姫~後醍醐天皇の第1皇子である護良親王の子を宿すも秋山へ
護良親王と興良親王
護良親王の墓と鎌倉宮(大塔宮)
太平記(大河ドラマ) 出演者・キャスト「一覧リスト」
関東の史跡巡り用オリジナルGoogleマップ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 一関城
  2. 紀伊・周参見城
  3. 徳合城(得合館)
  4. 丹波・八上城
  5. 諏訪原城
  6. 河崎庄司郎館(妹尾氏館)
  7. 野々美谷城
  8. 奥牧野城
  9. 聖寿寺館
  10. 松前城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP