京都府

京都新城 豊臣秀吉が最晩年に築いた城跡

京都新城




京都新城(きょうとしんじょう)は、京都府京都市中京区にある平城跡です。
なお、京都に新しく築いた城と言う事で、一般的には京都新城と言いますが、確定した名称はありません。
そのため、別名としては、太閤御屋敷、太閤御所、太閤上京屋敷、新城、秀頼卿御城、京の城、豊臣氏第
北政所屋敷、高台院屋敷、三本木屋敷など、色々な名前があります。
築城者は豊臣秀吉で、関白・豊臣秀次を粛清し、破却した聚楽第(じゅらくだい)の代わりに、関白が住む新城として、戦国時代の1597年1月末頃から、工事が始まりました。
工事には主に関東の諸大名が動員されています。





ところが、4月には場所が変更となり、京都御所(禁裏)の南東にある地に築かれました。
豊臣秀吉の子である豊臣秀頼のために築かれたと言う事になり、1597年9月に豊臣秀吉と豊臣秀頼が、京都新城に移っています。
しかし、豊臣氏が滞在した期間は短く、翌年の1598年8月に、豊臣秀吉は伏見城にて死去。
遺言により、豊臣秀頼は防御性に優れている大坂城へ入りました。

その後、淀殿とも対立した高台院(おね、ねね)が、大坂城から京に移った先が、この京都新城であったため、以後は、高台院屋敷と呼ばれました。

1600年、石田三成が挙兵すると、京都新城が徳川勢に使われるの嫌い、防御施設を破却し、一部の石垣も壊したようです。
その後も、高台院(北政所)が生活する場となっていますが、規模は縮小されたようで、1602年には二条城の建設のため、一部の建物なども移築された模様です。

1623年、高台院が死去すると、屋敷には甥の木下利房(木下宮内少輔利房)が住んだとされます。

禁中並公家諸法度の制定など、江戸幕府の圧迫に対する不満から、1626年、後水尾天皇が譲位の意向を示します。
この時、江戸幕府は、譲位した天皇の御所である仙洞御所(せんとうごしょ)と大宮御所の場所を、京都新城の地と定めため、屋敷などは解体され、仙洞御所が建設されて、城としては無くなりました。
ただし、阿古瀬淵(あこせがふち)は豊臣家邸宅庭園の遺構と伝わります。





京都市埋蔵文化財研究所が、消防設備工事のため、2020年に発掘調査を行ったところ、破却された石垣や、金箔(きんぱく)瓦も出土しました。

豊臣秀吉とは 農民の木下藤吉郎が天下を取れた理由
聚楽第とは 8年で姿を消した豪華絢爛な京の城
豊臣秀頼 (拾)~天下に翻弄された波乱の生涯と玉造稲荷神社
おね【ねね】北政所~豊臣秀吉の正室 内助の功
伏見城の観光情報~伏見城の戦いでの鳥居元忠
後陽成天皇~乱世を生き抜く処世術で皇室を生き残らせる~





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 弓庄城
  2. 丹羽長秀邸(丹羽長秀屋敷)
  3. 鶴ケ岱チャランケ砦跡
  4. 丸尾城
  5. 飯山城
  6. 杵築城
  7. 武蔵・小沢城
  8. 清崎城(糸魚川城)
  9. 近江・山崎山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP