長崎県

大村純忠終焉の館「坂口館」肥前国

大村純忠終焉の館




大村純忠終焉の館

日本初のキリシタン大名である大村純忠が隠居したあとに移り住んだ和田にある坂口館です。
屋敷の広さや居館跡の具体的な場所は不明ですが、古くは大村家の重臣・庄頼甫(しょう-よりすけ)の屋敷があったとされます。
のちに、龍造寺隆信の圧迫を受け領主を退いた大村純忠が晩年に隠居したと言う事で約2年間余生を過ごしました。





未亡人となった正室・西郷純久の娘(おえん)は、伴天連追放令が出ると、ここで宣教師をかくまったと言います。
そのため、子の大村喜前が1606年に棄教するまで、イエズス会が使用しました。
現在は、大村純忠歴史公園として整備されています。

大村純忠終焉の館

肥前・坂口館跡への行き方・交通アクセスですが、下記の地図ポイント地点が大村純忠終焉の館の駐車場で4台ほど止められます。

他にも高速長崎自動車道)の高架の下にも10台ほどの駐車場があるのですが、入口が「鎖」で閉ざされていましたので、上記に止めた次第です。





大村純忠 日本初のキリシタン大名の生涯
三城城 三城七騎籠による三城城の戦い
大村純忠と大村喜前とは~玖島城(大村城)の見事な石垣も
千々石直員と釜蓋城~天正遣欧少年使節の千々石ミゲルはキリスト教を辞めた?
千々石ミゲルとは~天正遣欧少年使節でローマに渡るもキリスト教を棄教
原マルチノとは~キリスト禁教令によりマカオに追放された数奇な運命
後藤貴明とは~正当性を主張し戦国時代の荒波を乗り切った恒安館主
西郷信尚と高城城~諫早城の諫早直孝と諫早陣屋
松浦隆信と松浦鎮信は弱小勢力から脱却に成功~平戸城の訪問記





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 相模・沼田城
  2. 上野・八幡平陣城
  3. 溝呂木城
  4. 積善寺城
  5. 高森城
  6. 駿河・千福城
  7. 越中・内山城
  8. 蟹江城
  9. 那古野城
  10. 仙台城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP