神奈川県

相模・田代城 内藤秀勝が築城したか?

相模・田代城

スポンサーリンク

相模・田代城(たしろ-じょう)は、神奈川県愛甲郡愛川町田代にある平山城です。
街道沿いにある地形であるため、防御は弱いです。
最初の築城は不明ですが、小田原城の北条家臣である内藤下野守秀勝(内藤秀勝)が半原・田代・角田にて137貫文を領して、戦国時代の1555年~1558年位に築城されたと考えられます。
田代中学校付近には居館が構えらたと考えられ、背後の山になる富士居山には、狼煙台も設置されたようで、行政の拠点になりました。
このように、戦国時代に津久井城主などを務めた、内藤氏の一族が改修したようです。


スポンサーリンク

田代城の内藤氏としては、諸説ありますが、内藤秀勝(内藤下野守秀勝)、内藤秀行(内藤三郎兵衛秀行)と続いていますが、その後、内藤定行は、中津川対岸の高台にある細野城を本拠にしたと伝わります。

近くには、1569年、武田信玄が小田原城を包囲した帰りに合戦になった、三増峠の戦いの激戦地の隣でもあり、この時、合戦前に通過する武田勢が田代城を陥落・炎上されたと考えられています。
ただし、その後、津久井城は落ちなかったことから、愛川も引き続き北条勢が維持しましたが、田代城は廃城となり、津久井城を更に改修したと考えるのが妥当でしょう。

三増合戦の首塚、三増合戦の胴塚も近いですが、いかんせん、田代城近くには駐車場がありません。
また、田代城跡は、愛川町立愛川中学校になっていますので、様子の撮影は自粛、案内板に留めました。
案内板がある場所は、当方のオリジナル地図にてポイントしてあります。

交通アクセスですが、バスの場合、本厚木駅から厚2系統「半原」行きの神奈中バスに乗車して約40分、田代坂上バス停から坂道を登ること約5分です。
三増峠の戦いの石碑がある合戦場跡とセットでどうぞ。

三増峠の戦いを徹底検証してみた
相模・細野城(新野城) 
相模・津久井城~山頂付近の水の手から牢屋の谷など
伏馬田城(尾崎城) 尾崎掃部助の本拠
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト
関東周辺の史跡巡り便利地図


スポンサーリンク

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別


スポンサーリンク

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP