神奈川県

田代城と細野城(新野城)~北条氏が津久井地方を統治した城跡

田代城

田代城は、小田原北条氏家臣の内藤下野守秀勝(内藤秀勝)が半原・田代・角田を領して、戦国時代の1555年~1558年位に築城されたと考えられる。
田代中学校付近には居館が構えらたと考えられ、背後の山には、狼煙台が設けられたようだが、行政の拠点としたようだ。

細野城(新野城)は、愛川町役場の裏山で、田代城から中津川を挟んだ対岸にある標高170mにある山城で、防御目的の城。
築城は田代城から少しあとになる1557年~1570年くらいとされ、同じく内藤秀勝が築城したようだが、田代城・細野城についてはハッキリとはわかっていない。

内藤氏は津久井衆である内藤氏の支族と考えられ、内藤秀勝は小田原北条氏の家臣として半原・田代・角田を137貫を知行した。
内藤秀勝には子の内藤秀行(内藤三郎兵衛秀行)がおり、またその子には内藤定行と、代々受け継いだようだ。
半原の勝楽寺には内藤秀行の墓があり、清雲寺も内藤秀行の開祖とされており、内藤秀行が田代城に居たのは間違えない。
なお、津久井城最後の城主説の1人である内藤綱秀は、この田代内藤氏から出たとも考えられていることからも、田代城や細野城(新野城)は、津久井城と小田原の連絡中継点として支城的役割を持っていたものと考えられる。
1569年、武田と北条の戦「三増峠合戦」の主戦場にほど近く、合戦史料に田代城や細野城の名前こそ出てこないが、地元では内藤秀行の代の時であり、武田信玄によって三増峠の戦いの直前に落城したと言われている。
田代城は三増峠の後いのあとに廃城となったようだ。
また、内藤氏は小田原北条氏の没落に殉じ、その後の消息は不明である。

この記事は戦国武将列伝Ωの記事を再編集したものとなります。

行き方・アクセスは、当方のオリジナル地図にてご確認賜りますと幸いです。

近くには三増峠の戦いが行われた古戦場跡や、少し離れますが津久井城もありますので、セットでどうぞ。

訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
相模
著者コメント
残念ながら明確な遺構はありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 相模・大磯城(小磯城) 相模・大磯城(小磯城) 富士山も綺麗にの望める湘南の山城
  2. 新井城 新井城(洗井城)のみどころと三浦道寸の墓~三浦水軍の拠点油壷湾
  3. 相模・小沢古城 相模の小沢城と小沢要害~太田道灌が攻めた断崖絶壁の小沢古城も
  4. 津久井城 相模・津久井城~山頂付近の水の手から牢屋の谷など見どころも満載
  5. 枡形城 枡形城~東京から最も近い山城のひとつで北条早雲や今川氏親にも由縁…
  6. 石垣山城 石垣山城 (一夜城)~一夜で築かれた築城方法と便利な訪問方法「ア…
  7. 玉縄城 相模・玉縄城~相模の統治をするうえで重要な拠点となった堅城
  8. 小田原城 小田原城~城好きであれはココも見ておきたい戦国期の城跡
PAGE TOP