石川県

今江城 加賀守護の富樫泰高が築いた拠点

信濃・愛宕城

今江城(いまえ-じょう)は、石川県小松市今江町にあり、柴山潟も望める台地上の平山城で、別名は、御幸塚城、富樫泰高館とも言います。
御幸塚城の名前は、花山法皇の御幸があったことに由来しているようです。
最初の築城は不明ですが、加賀南部・半国を治めた、加賀守護・富樫泰高の居城であったとも伝わります。
富樫泰高(とがし-やすたか)は、代々、加賀介を世襲して、富樫介を称した、富樫氏の第17代当主になり、本拠は加賀・高尾城でした。





1441年、兄・富樫教家が、室町幕府6代将軍・足利義教から蟄居を命じられたため、醍醐寺の僧侶になっていた富樫泰高が還俗して家督を継ぎました。
その5日後、足利義教が赤松満祐によって暗殺される嘉吉の乱になると、兄・富樫教家は、畠山持国の支援を受けて、富樫泰高に家督返上を要求しました。
しかし、富樫泰高は、応じず、管領・細川持之の協力を得たため、富樫家は内紛「加賀両流文安騒動」となっています。

今江城

1442年、細川持之が辞して、新しい管領・畠山持国の後ろ盾を得た富樫教家は、子の富樫成春を加賀守護にすることに成功し、富樫泰高らは不利になっていますが、加賀守護だった斯波満種の子・斯波持種が味方についています。
1445年、細川勝元が管領になると、今度は富樫泰高らが有利となり、富樫教家らを加賀から追放しました。
1447年、両者は和睦し、富樫成春が加賀北半国、富樫泰高は南半国の守護に任じられました。

今江城

しかし、次第にまた仲が悪くなり、1458年、細川勝元の命によって赤松政則が加賀北半国の守護となって、兄・富樫教家と富樫成春の父子は、またも追放されています。
1462年、富樫成春が病死すると、富樫泰高が加賀一国の 守護となりましたが、本願寺の一向一揆も活発化します。
1464年、富樫泰高は隠居し、家督は亡き富樫成春の子・富樫政親が継ぎました。
1488年、富樫政親は、高尾城の戦いにて、加賀一向一揆に敗れて、富樫氏は没落しました。
1493年、足利義稙が、明応の政変にて、越中・放生津城に逃れてきた際には、富樫泰高も馳せ参じましたが、その後の動向は不明でして、まもなく死去したものと考えられます。

今江城

その後、しばらくして、今江城は一向一揆が使用するようになっており、朝倉氏も2度、今江城を攻撃しています。
1576年には、今江城から出陣した加賀一向一揆が、織田勢を攻撃しました。
そのため、 織田信長佐久間盛政を派遣して、今江城を包囲し、佐久間勢の徳山則秀の策略にて、一揆勢に内応者を取り付け、今江城を陥落させました。
そして、、徳山五兵衛、佐久間盛政、徳山小左衛門と今江城に入り、1580年、織田勢は、尾山御坊を攻めて、金沢城と改名した次第です。

1582年、本能寺の変にて、明智光秀が織田信長を討つと、再び一向一揆が今江城を占領しました。
そのため、1585年、豊臣秀吉の軍勢が攻めて落としています。

1600年、関ヶ原の戦いの際には、前田利長の軍勢(山崎長徳、長連龍ら6将)が今江城に布陣し、加賀・小松城から出陣した西軍の丹羽長重浅井畷の戦いとなりました。





那谷街道の抑えである今江城の本丸は、今江小学校の南にある高台で、小学校に隣接する形で公園整備されています。
櫓台跡の近くに、トップ写真の石碑もありました。
今江小学校がある場所は、二の丸跡と言う事になるようです。

今江城への交通アクセス・行き方ですが、クルマ・バイクでないとかなり不便なのですが、また駐車場が無いのが難点です。
公園への入口を当方のオリジナル地図にてポイントしておきます。

槻橋城 槻橋重能の忠義
浅井畷の戦い~北陸での関ケ原は西軍が勝利したか?
丹羽長重~丹羽長正~丹羽秀重の生涯
加賀・小松城~一国一城令で廃城となっても明治維新まで続いた名城
前田利長の生涯は【加賀百万石を築き兼六園や北陸文化を残した名君】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
信濃
著者コメント
神社境内の南側に城址碑があります。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 二穴城 二穴城 能登島の海城
  2. 津幡城 津幡城 前田秀継が城主になる
  3. 能登・崎山城 能登・崎山城 勇猛な三宅宗隆
  4. 船岡山城 舟岡山城 前田家の重臣・高畠定吉
  5. 能登・越坂砦
  6. 穴水城 穴水城 能登にある長氏の本拠地
  7. 金沢城 金沢城を一周するポイント 尾山御坊跡 歴史と見どころ解説
  8. 正院川尻城 正院川尻城 長景連と能登最果ての栄華

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 弓庄城
  2. 周匝茶臼山城と大仙山城
  3. 摂津・三田城
  4. 一関城
  5. 中津城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP