愛知県

長久手城と岩作城~長久手の戦いに戦場となった徳川勢の城跡

長久手城

長久手城

長久手城は、愛知県愛知郡長久手町城屋敷2408にある平城で、最初の築城年代や築城者は不明です。

戦国時代には、織田信雄に仕えていた加藤忠景(加藤景常)が、前領主・斎藤氏の古城を修築して居城としていました。 
この加藤忠景は岩崎城主・丹羽氏次の姉を正室に迎えおり、また娘を丹羽氏次の継室にと嫁がせていました。

現在の長久手城址は小さな公園になっており、のちに観音堂が建立されました。

長久手城

その観音堂の脇に、長久手城趾や案内板がありますが、城の遺構は全く消滅しています。

長久手城

小牧・長久手の戦いの際、加藤忠景は徳川家康に従い、義弟である岩崎城主・丹羽氏次の留守を預り奮戦しましたが、討死したとされています。
なお、別の説では、加藤忠景(加藤景常)は岩崎城では討死しておらず、のちの5月7日の加賀井城の戦いにて討死したともありますが、加賀井城の方が正しいような気もします。

長久手城跡がある場所は、住宅地の中ですので、ちょっと分かりにくいです。
オリジナルGoogleマップにて正確にすべての場所を示していますので、ご参考にして頂けますと幸いです。

「尾張・美濃」にある戦国史跡跡オリジナル地図(Googleマップ)

岩作城

同じ長久手の戦いで戦場となった長久手城からほど近いところに、岩作城跡があります。
だいたい90m×70mくらいの方形単郭の居館城であったようですので、平城です。

この付近は都市化も進み遺構は失われていますが、今井五郎太夫、今井四郎兵衛といった名が城主として見られます。
1584年、の長久手合戦で岩崎城に籠城して討死した武将に、今井四郎三郎の名があり、今井四郎兵衛の子ではないか?と推定されています。
他にも、長久手の戦いで、岩崎城に籠城将士の中に、今井七右衛門、今井小右衛門、今井助八郎、家老の今井小八郎らが見受けられます。





岩崎城は岡崎城奇襲を試みた池田恒興によって攻略されて、将兵300名が討死したとあります。
なお、今井七右衛門は、今井勝澄と言い、武田信玄に仕えていた使番十二人衆の一人であったようで、武田滅亡後に徳川家康に仕えていたと考えられます。
この今井勝澄は、岩崎城籠城時に、使番の旗印である青地に百足を金で描いた旗指物を背に指して戦い、敵の8~9人を討取ったあとに討死した言われています。

岩作城跡は、現在の長久手市役所がある場所となります。
市役所の南東側の信号のところに石碑があります。

岩作城

岩崎城の石碑がある場所は、当方のオリジナルGoogleマップでも正確な場所を示させて頂いております。
長久手市役所の駐車場を拝借できますが、結構、混雑していました。

★番外編「小牧・長久手の戦い」に関する史跡や武将なども

姉川の戦いと遠藤直経~信長暗殺を進言した知勇兼備の謀将【姉川合戦場探訪】
織田信忠~偉大な父に認められるも本能寺の変に散った26歳の命
小牧・長久手の戦いと池田恒興~長久手古戦場
堀秀政~かなり有能な武将なれど注目されていないのはもったいない?
岩崎城~小牧長久手の戦いでの岩崎城攻防戦
森長可~武勇から「鬼武蔵」と称され槍術が得意だった武将
豊臣秀次~豊臣一族としての役目を果たすも最後は粛清される運命に
織田信雄~織田信長の次男のその生涯
「尾張・美濃」にある戦国史跡跡オリジナル地図(Googleマップ)

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
尾張
著者コメント
城としての遺構はありません

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 古渡城 古渡城 織田信長が元服した名古屋の城跡
  2. 尾張・小幡城 尾張・小幡城 小牧長久手の戦いでの徳川家康の素早い行動
  3. 清洲城 清洲城 織田信長の居城ここにあり 清須城の詳細情報
  4. 丹羽長秀邸(丹羽長秀屋敷) 尾張・丹羽長秀邸(丹羽長秀屋敷) 旧志水家玄関車寄せ
  5. 下社城 下社城 柴田勝家が生まれたとされる城(館)
  6. 尾張・守山城 尾張・守山城 織田家と松平家の争いと森山崩れ(守山崩れ)
  7. 蟹江城 蟹江城 豊臣秀吉と徳川家康のターニングポイントとなった蟹江城の戦…
  8. 蜂須賀城 蜂須賀城 蜂須賀氏発祥と蜂須賀小六の里
PAGE TOP